ついに犯人の姿を!ドラマ『マイファミリー』第6話のあらすじ&見どころ

Oh!My!ドラマ

二宮和也主演ドラマ『マイファミリー』(TBS系列)の第6話が5月15日に放送された。

三輪(賀来賢人)の娘・優月(山崎莉里)を救い出し、ホッとしていたのも束の間…またしても温人(二宮和也)の元へ犯人から電話がかかってくる。「我々は力を合わせ、営利誘拐を成功させました」と犯人から共犯者扱いされ、自宅に利益報酬として1億円が送られてきた。そして、新たな誘拐をしたと告げられて…!

第6話のあらすじ&見どころをご紹介!

第6話のあらすじ

犯人は新たに阿久津(松本幸四郎)の娘・実咲(凛美)を誘拐。温人は阿久津夫妻以外に事件のことは話さないよう告げられる。しかし、1億円が未知留に見つかってしまい「なんでも相談する」と約束したとおり、温人は包み隠さず今回の事件のことを話すことに。

その頃、出掛けた実咲が自宅に戻ってこないことを心配した阿久津の妻・絵里(森脇英理子)が交番に相談していて…!一方で、一連の誘拐事件の捜査から外された葛城(玉木宏)は単独で捜査をして、ある違和感に気付いていた…。

見どころ

ついに犯人の姿を…!

第6話の放送時間もギリギリで、このまま犯人の顔が見られないまま次週へ持ち越しかと思われたが、温人がついに犯人の顔を捉える!その人物とは一体!?しっかりと心の準備をして、その衝撃に備えてほしい。

温人ピンチ!

次々と起こる誘拐事件に交渉人として巻き込まれる温人。しかし、誘拐事件を知っているのはごく僅かな人間だけ。周囲の人間は温人の行動に疑いの目を向け始めてしまい、疑心暗鬼になった絵里が衝撃的な行動に…!身代金受け渡しの手に汗握るシーンに注目!

温人が本音を吐露

危険だと分かっているのにも関わらず、犯人との交渉役を担う温人。その理由とは?かつての温人は仕事人間で、周囲の気持ちを考えでいなかった。第1話での温人と同一人物とは思えない行動と言動に胸を打たれる。互いを想いやる鳴沢夫婦にも注目。

衝撃的な展開が待ち受ける第6話から目が離せない!