きちんと開脚できる柔らか股関節へ。1日1分【太もも痩せにつながる】簡単ストレッチ

beauty news tokyo


「太もも痩せに効く!」と言われているのが、脚を180度に広げる“開脚ストレッチ”です。なぜなら、股関節が柔らかくなると下半身の血行が促進され代謝UPにつながるから。でも、股関節が硬い方だと180度開脚するのはなかなか難しいでしょう。そこで今回は、股関節の可動域を高めつつ太もも痩せにつながる簡単ストレッチを紹介します。

股関節の可動域UP。太もも痩せにつながる簡単ストレッチ


(1)床にしゃがんで、その姿勢から片方の脚を横に伸ばす



(2)伸ばしていない方の足裏を床につけたまま両腕を胸の前で真っ直ぐ伸ばし、伸ばしきったところで30秒間キープする



▲内ももがきっちりと伸びていることを感じてください

脚を変えて反対側も同様に行います。最初はバランスを取るために少しぐらついてしまうことがあるかもしれませんが、「(1)の時はつま先側に、(2)の時はかかと側に重心を置く」のがコツ。また、「ひざとつま先を真正面に向ける」のもポイントです。なお、どうしても(2)の時に身体が後ろに倒れてしまう場合は「かかとを浮かしてキープする形」でOKです。

股関節の可動域を広げるだけでなく、太ももを細くするために大切な筋肉「内転筋」の柔軟性UPも叶う簡単ストレッチ。ぜひ習慣化してみてくださいね。<ストレッチ監修:金井俊記(Dr.ストレッチグランドトレーナー/トレーナー歴6年)>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。