【調査レポート】子どもによく読む絵本って?2位は「ぐりとぐら」、1位は?

めるも編集部

遊び時間や寝かしつけの際に、子どもに読んであげることの多い絵本。大人になっても絵本と聞くと何だかワクワクしてしまいますよね。

このたび、幼児、小学生の親御さん向けの教育メディア「おうち教材の森」が全国の子どもを持つ保護者200人アンケート調査を実施しました。

それでは早速、調査結果についてお伝えします。

1位は『はらぺこあおむし』

1位は『はらぺこあおむし』。色彩の華やかさや、仕掛け絵などがあるところが子どもが好きだからという声が多数。

2位は『ぐりとぐら』。可愛らしい絵のタッチや、昔からある絵本で自分でも読んでもらったからという意見がありました。

3位は『だるまさんが』。ストーリーが単純でわかりやすい、リズムや絵が面白いという声がありました。

4位や『しろくまちゃんのホットケーキ』。絵が可愛らしくて癒される、読みやすいなどの声が上がりました。

5位は『カラスのぱんやさん』。自分(保護者)が好きなため、〇〇パンというものがたくさん出てきて飽きないからという声がありました。

6位は『どうぞのイス』。思いやりの気持ちが育まれる、優しさを学べるという意見がありました。

7位は『もこもこもこ』。大人にはわからないが子どもにウケる、絵や言葉がツボにはまるという声がありました。

まとめ

最も人気のある絵本は、1969年から53年の人気を誇る元祖知育絵本『はらぺこあおむし』でした。原色鮮やかな美しいイラストやあおむしが蝶へと成長を遂げるストーリーがたくさんの人からの支持を得ています。

また、絵本の選び方としては保護者が幼少時代に読んでもらい、「自分も好きだった」という基準での選び方も多いようです。

みなさんも絵本を選ぶ際は、調査レポートを参考にしてください。

調査方法:インターネット調査
調査人数:200人(10代:2人、20代:34人、30代:78人、40代:60人、50代:19人、60代以上:7人)
調査主体:ARINA株式会社、おうち教材の森:https://naki-blog.com/study/
調査時期:2022年3月3日
調査レポート:https://naki-blog.com/study/survey-report-43

【出典】
企業プレスリリース詳細
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000053.000076895.html
PRTIMESトップへ
https://prtimes.jp/