広瀬すず、監督から言われると困ってしまうこととは?「どうしたらいいんだろうとは…」

E-TALENTBANK


5月18日に放送されたフジテレビ系『TOKIOカケル』に、広瀬すずが出演した。

【関連】野村周平、「何回かした」広瀬すずへのプロポーズの反応を明かし「まだ希望はあります」

番組では、出演者らが苦手なタイプの監督について話す場面があった。この中で広瀬は「私、褒められると、なんて返していいかわからないというか…」と切り出し、「私がやったっていうよりも、役としてカメラの前にいて何か出た時は、たぶん相手の方がくれたものだから、私じゃないんですよ」「どうしていいかわからないというか、今後カメラの前に立つのが恥ずかしくなっちゃう、現場中ずっと」と明かした。

その上で、「年齢を重ねていけば重ねていくほど、なんとなく“守られてる感”がすごいっていうのを今すごい感じてて」「10代の時のほうがもうちょっと全員スパルタでやってくださってた」とコメント。

さらに、広瀬の過去の出演作を見た監督からは、「あの役のこれがよかったんで、これやってください」「広瀬さんがやってくれれば」などと言われたこともあるといい、「どうしたらいいんだろうとはなったり、すごいありがたいことなんですけど」として、キャリアを積んでも意見を言ってくれる監督のほうがやりやすいと明かしていた。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ