NAOTO、関口メンディーの“メンディー語”のバリエーションに感心「まだ、パターン残ってたね」

E-TALENTBANK


EXILEのTETSUYA、NAOTO、白濱亜嵐、関口メンディーが19日、都内にて開催されたウォーターサーバーブランド『PREMIUM WATER FUTURE』の記者発表会に出演した。

【写真】TETSUYA、NAOTO、白濱亜嵐、関口メンディーら登壇者の写真を公開

イベントでは、『PREMIUM WATER FUTURE』のために撮影されたメンバーたちのビジュアルが紹介された。白濱は、「これはバラバラに撮影しました。僕は、メンディー君のを見た後に撮影させてもらったのですが、過去イチ、“イケメンディー”なんじゃないかな」と、関口のビジュアルを絶賛。TETSUYAやNAOTOも、「すごい、スタイリッシュ」などと続いた。

また、白濱と関口が、ウォーターサーバーから水を汲んで試飲する企画も行われた。白濱は普通に水を汲んでいたが、関口は「僕は、温水の方を頂きます」とボケ。ただ、関口があまりに真顔だったためか、メンバーたちは「温水なんだ」とこぼし、ひと呼吸を置いてから「ボケなんだ」と気づいた。関口は「もっと、突っ込みが来るかなと」などとボケを自身で回収したが、白濱から「早く、お水“汲メンディー”して!」と、一連のボケを流されてしまった。しかし、その後は水を汲みながら、「汲メンディー!」と絶叫し、笑いを誘った。

その後も、関口は、試飲したあとに「うメンディー!」と絶叫するなど、会場を爆笑の渦に包んだ。次々と連発される“メンディー語”に、NAOTOは、「まだ、パターン残ってたね」と感心の様子。

そんな関口に、フォトセッションの際、報道陣から「メンディーさん、“メンディー的な表情”をお願いします!」とリクエストが飛んでいた。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。