事件にも進展?ドラマ『インビジブル』第5話のあらすじ&見どころ

Oh!My!ドラマ

高橋一生主演ドラマ『インビジブル』(TBS系列)の第5話が5月13日に放送された。

若い女性が被害となった通り魔事件で使用された凶器のナイフが発見され、志村(高橋一生)は3年前の事件の凶器と同じナイフだと確信する。通り魔事件の犯人・武入(鈴之助)は3年前に安野(平埜生成)を殺したことも「自分がやった」と自供し、殺害を“インビジブル”から依頼されたと証言。それを聞いた志村はキリコ(柴咲コウ)に疑いの目を向けて…?

第5話のあらすじ&見どころをご紹介!

第5話のあらすじ

武入の証言を受けた志村はキリコに詰め寄るも無言を貫かれてしまう。武入と「話がしたい」と犬飼(原田泰造)に懇願し、志村は武入に問い詰めるが、3年前に事件現場で見た犯人ではないことに気付く。

「安野を殺したのは武入じゃない」と訴えるのだが、武入はすでに検察に向けて出発していた。

その頃、護送車が何者かに襲われて武入が連れ去られてしまう…さらに、民宿からキリコの姿もなくなっていて…!

見どころ

キリコの目的が明らかに…!

アメリカの“クリミナルズ”のリストが入っているチップを求めていた人物は一体誰だったのか?キリコが探していた人物の正体がついに明らかになる…!

3年前の事件にも進展が!?

迷宮入りしていた3年前の事件だったが、武入が自供したことにより警察が情報収集に動き出す!そして、安野が殺された事件の裏に痴漢冤罪事件が関わっていたことが判明する。武入に殺人を依頼した人物は誰なのか…注目!

ついに黒幕登場か!?

キリコの正体や目的、3年前の事件の真相について考察する視聴者でSNSは賑わいを見せていた。今回、新たな人物の登場により「怪しい人だらけ」「黒幕の囮の予感」「もう1人黒幕がいるような気がする」などと、さらに視聴者を混乱させた。出演者一人ひとりの行動や些細な言動が気になってしまう…!

武入とキリコは繋がっていたのか?キリコの目的とは?志村がキリコに抱いていた“違和感”が少しずつ明らかになっていく。新章突入の第6話の放送も待ちきれない!

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ