【韓国ラーメン実食ルポ】冷たい汁なしラーメン「パルド ビビン麺」

イエモネ

韓国グルメのなかでも圧倒的人気を誇る「韓国ラーメン」! 韓ドラでもかなりの頻度で登場し、キャストが鍋を持ちながら麺をすするシーンはまさに飯テロ……。真夜中に見てしまい、罪悪感を感じながらも食べてしまったという経験がある人も多いはず。そんな悪魔的とも言える魅力を放つ韓国ラーメンの実食レポートを毎週連載にてお届け! 今回は、冷たい汁なし麺でお馴染みの「パルド ビビン麺」を紹介します。



>>>【韓国焼酎】韓国ドラマでよく見る緑の瓶のお酒「チャミスル」飲んでみた!おすすめの飲み方やチャミスルトルネードも

夏の定番「パルド ビビン麺」



青と白のパッケージが爽やかな「パルド ビビン麺」は、韓国で発売されてから35年以上親しまれ続けているラーメン。冷たいラーメンは夏の定番だそうで、日本でいう冷やし中華に近い存在と言えそうですね。



袋の中に入っていたのは麺とソース。かやくは入っていませんでした。

ビビン麺の作り方



裏面には作り方が書かれています。今回筆者が購入したのは日本語のパッケージ。

600mlのお湯で麺を茹でる



まず鍋に600mlの水を入れて火にかけ、沸騰したら麺を入れて3分茹でます。筆者の持っている韓国の1人用鍋には入りきらなかったので、もう一回り大きい鍋を使いました。

茹で上がった麺を水洗い



茹で上がった麺は、ザルなどに移して水洗いします。

ソースを混ぜる



よく水を切った麺を器に移し、ソースを入れます。おお、赤黒くて辛そう。



ちょっとソースを味見してみると、やっぱり辛い~!



ソースが馴染むようしっかり混ぜます。この一連の作業、なんだかカップ焼きそばみたい。

甘い!辛い!酸っぱい!



もちもちで冷たい真っ赤な麺は、甘酸っぱくてフルーティ! さらに辛さも相まって、後引く味わいが楽しめます。この甘酸っぱさ、やはり冷やし中華っぽいところもあるかも。

おすすめトッピングをのせてみる



ビビン麺はかやくがついていないので、トッピングは自分で用意します。裏面に書いてあるおすすめトッピングはきゅうり・キャベツ・ゆで玉子でした。



辛い麺には、甘めの肉が合いそう!と思い立って、焼肉のタレで炒めた牛肉もトッピング。我ながらめちゃくちゃおいしそうにできました。



大きめの一口で食べ進めたくなる、プルプルの麺。甘くて酸っぱくて辛くておいしい~! 辛さでヒリヒリした口に、心地いい冷たさを感じます。野菜と一緒に食べると、辛さがマイルドに。



焼肉のタレで炒めた甘めの肉は、辛い麺によく合いますね。さっぱりめの麺なので、肉でボリュームUPさせるのもアリかも。

辛いだけでなくフルーティーな甘酸っぱさもある「パルド ビビン麺」は、ビールと一緒に楽しみたい、食べ応えのあるラーメンでした!

ビビン麺はどこで買えるの?

筆者がビビン麺を購入したのは『亜州太陽市場』吉祥寺店でした。通販でも購入できるのでチェックしてみてくださいね!

八道(paldo)ビビン麺130g
価格:106円(税込)
https://www.laox-online.jp/SHOP/4571571060015.html

[All photos by Mayumi.W]

>>>【韓国ラーメン実食】パッケージは可愛いけど中身は本気!「燃える唐辛子チャンポンラーメン」

>>>鶏胸肉レシピ【4】ピーナッツバターで作る「棒棒鶏(バンバンジー)」

>>>材料ほぼ3つ!簡単うまい昼レシピ【52】そら豆とひき肉を炒めてご飯にオン

当記事はイエモネの提供記事です。