【ラーメンレビュー】セブンイレブン限定『Japanese Soba noodles 蔦 醤油ラーメン』はウマイのか

ガジェット通信



セブンイレブンのワンランク上のうまいフード、セブンプレミアムシリーズ。ウマイことが何よりも重要なセブンプレミアムから、ミシュランガイド東京2016に掲載された人気ラーメン店『Japanese Soba noodles 蔦』のインスタントラーメンが発売されている。その名も『蔦 醤油ラーメン』(税込278円)。

デザインからしてうまそう



パッケージはやや大きめのサイズ。デザインからしてうまそうだし、デザインだけで評価しても激しくウマイ。フタを開けると、中には具やスープが袋に入った状態で封入されていた。







うまいミネラルウォーターでお湯



どうせ食べるなら最高にウマく作りたいので、うまいミネラルウォーターでお湯を作り、『蔦 醤油ラーメン』に注いだ。3分ではなく5分待たなくてはならない。待つ間、空腹に耐えきれずうまいチョコレートを食べる。ウマイ。

激しく芳醇でうまそうな黒トリュフとポルチーニ



5分後、フタをとってスープ類を入れると、激しく芳醇でうまそうな黒トリュフとポルチーニの薫りが広がる。ただそれだけでうまい。薫りがウマイ。薫りだけで「うまさを確定」させるとは、驚きのうまさ。





うまさがウマイ



褐色ながら透き通った美しくうまそうなスープは、常に黒トリュフとポルチーニの薫りを放ち続ける。たまらなくなって、麺や具よりも先にスープをズズッとすすってしまったのだが、うまい、うますぎる。うまさがウマイとは、まさにこのこと。黒トリュフとポルチーニ、実にうまい。

チャーシューもウマイのは反則



そしてチャーシュー、これもうまい。何がうまいかって、チャーシューから溢れる濃いめの旨味がウマイ。ただでさえ黒トリュフとポルチーニの旨味が味覚と嗅覚を魅了しているのに、チャーシューもウマイのは反則。しかもこのうまさ、たったの税込278円。安すぎるしうますぎる。





うまいことがこのラーメンの神髄



麺を箸でサルベージすれば、やはりここでも黒トリュフとポルチーニが湯気とともに旨味ある薫りを放つ。薫りが嗅覚だけでなく味覚を刺激するとは、うまいからこそ発生する現象。薫りを放つ麺をズズッとすすると、旨味がうますぎて、まさにうまいことがこのラーメンの神髄であることが旨味から理解できる。

旨さが極まったうまいラーメン



セブンイレブンのカップラーメン『蔦 醤油ラーメン』は、うまいラーメンとして誰にでもオススメできる、うまさがウマイ、旨さが極まったうまいラーメンであるといえよう。うまい、うますぎる。



(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

当記事はガジェット通信の提供記事です。