アニメ映画『パプリカ』夢が現実を飲み込んでいく

Oh!My!ムービー

若くしてこの世を去った今敏(こん さとし)監督の作品のなかでも、何度も見返している作品です。

狂気に満ちた夢の世界の侵略をポップに描いた本作は、頭のなかをかき乱されるような不穏な気持ちにさせられるのですが、不思議と癖になって何度も見返してしまうんです。もう、頭のなかのゾワゾワが止まりません。

中毒性のあるアニメーション映画『パプリカ』のご紹介。
現実と夢の境界線が曖昧になっていき、夢が現実を飲み込んでいく狂気の世界へとあなたを誘います。

他人の夢のなかへ入り込む

精神医療研究所が開発した“DCミニ”が何者かによって盗まれます。“DCミニ”とは、他人と夢を共有できる画期的なテクノロジーのこと。
まだ未完成の“DCミニ”が盗まれたことを機に、研究員たちは奇怪な夢を見るようになり、精神を侵されていきます。

“DCミニ”を使い、患者の夢に侵入して極秘のセラピーを行っていた「夢探偵」パプリカは、事態の収拾のため夢の世界へと出動します。

映像も音楽もすべてが神がかってる

冒頭からすぐに心を鷲掴みにされた私。何度観ても、脳内が疼くような映像と平沢進さんの音楽に痺れっぱなしです。
現実と夢が入り乱れた世界観には脱帽。

廊下が歪み、突如現れる大きな穴、日本人形や西洋人形が不気味に笑いながら闊歩するパレード。
すべてが不気味で、吐き気をもよおすほどの奇妙な世界。
人の精神世界って視覚化すると、こんな感じなんでしょうか。

夢のなかで、もう一人の自分と出会う

夢に抑圧された意識が表出するとは、よく聞く話ですよね。
夢のなかでは素直になれたり、度々同じ場面で足踏みしてしまったり。
そんな自分でも気づいていなかった自分の新たな一面を、夢のなかに見つけることってありませんか。

登場人物たちは、夢のなかの自分の姿を受け入れていくにつれ、現実世界でも前を向いて生きていくことができるようになるんです。
夢(虚構)も現実も、生きるためには必要なことなのかもしれません。あくまでもそのバランスなのかもしれないですが。

【公開】 2006年

【キャスト・スタッフ】
 監 督:今敏
 脚 本:水上清資
     今敏
 原 作:筒井康隆
 出 演:林原めぐみ
     江守徹
     堀勝之祐 他

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ