社内恋愛の行方…ドラマ『悪女(わる)』第5話のあらすじ&見どころ

Oh!My!ドラマ

今田美桜主演ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(日本テレビ系列)の第5話が5月11日に放送された。

大手IT企業『オウミ』に入社した麻理鈴(今田美桜)は最初に配属された「備品管理課」で先輩社員・峰岸(江口のりこ)に出会う。峰岸にそそのかされ出世を目指すことになった麻理鈴は「備品管理課」から「人事課」へ。さらに「マーケティング部」、そして「企画開発部」へと異動を繰り返しながら、各部署のピンチを救ってきた。

麻理鈴が次に異動する部署で立ち向かう課題とは…?第5話のあらすじ&見どころをご紹介!

第5話のあらすじ

麻理鈴は「企画開発部」から「営業四課」への異動が言い渡される。課長の三島(山口智充)率いる「チーム三島」はお仕事大好き人間の集まりで、業績も右肩あがり。

しかし、「営業四課」には仕事に支障をきたすとの理由で残業が禁止され、課内恋愛禁止のルールが…!さらに、いずれは全社に社内恋愛禁止を提案すると言われてしまい麻理鈴は大ピンチに!一方で、バレンタイン特集に向けて準備を進めていた矢先、あるトラブルが発生して…?

見どころ

社内恋愛の行方

峰岸「社内恋愛は身を滅ぼす」

麻理鈴に出世100か条を教える峰岸だったが、面識がないと言っていた田村(向井理)との密会が麻理鈴にバレてしまい一波乱!さらに「営業四課」の恋愛事情も明らかになり、仕事に支障をきたすと分かっているのになぜ社内恋愛をするのか?麻理鈴が導き出す答えに注目!また、峰岸のセリフの真意も明らかに…!

麻理鈴モテモテ?

麻理鈴に抱きつかれてから麻理鈴のことを妙に意識してしまう小野(鈴木伸之)と、麻理鈴のことを気にかけている清掃スタッフの山瀬(高橋文哉)。麻理鈴を巡ってイケメンたちのバトルが勃発する予感…?

仕事に追われ休日返上!田村のことを考える暇もなくなった麻理鈴はキャパオーバー寸前!?バレンタイン特集&社内恋愛禁止ルールはどうなる?麻理鈴の奮闘ぶりに注目!