嫌われる…「思いやりがない」と男性に思われてしまう原因

yummy!


嫌われる…「思いやりがない」と男性に思われてしまう原因

いつまでも仲良くいるためには、「思いやり」は絶対に欠かせないポイントです。
だからこそ、思いやりがない言動を取ることが多い女性に対しては、多くの男性が嫌悪感を抱くもの。
そこで今回は、「思いやりがない」と男性に思われてしまう原因を紹介します。

目次

「相手の状況」を見ていない


「今こっちはそんな状況じゃないって言いたくなるようなことをしてくる女性は、本当に思いやりに欠けるなって思います。どういう神経しているんだろうって…」(30代・男性・自営業)
例えば、気になっている男性をデートに誘う際に、まず考えるべきことは相手の置かれている状況です。
仕事に追われているとき、プライベートが大変な状態のとき、体調が芳しくないとき。
そういったときに誘うと自分のことしか考えていないと思われてしまうので、男性の状況をきちんと見る思いやりを持つことが大切ですよ。

「やる気」を失わせる


「がんばって作った資料を『ちょっとわかりにくい』のひと言で片づけられたときには、カチンときましたね。もっと言い方とかあるだろうって、イライラしました」(20代・男性・システムエンジニア)
思いやりに欠ける人は、人の気持ちがわからない場合が多いです。
でも、実はそれはわからないというよりも、そもそもわかろうとしていないのかも。
相手の気持ちを考えず、頑張っている人ややる気になっている人の気持ちを削ぐような言動を取ってしまうと、その思いやりの無さにドン引きされることになるだけですよ。

勝手に「決める」


「自分の都合だけで勝手に決められると、思いやりがないなって感じるかも。そういう女の子って、大抵誰からも好かれてないですよね」(30代・男性・WEBディレクター)
自分の考えや欲求を常に最優先させるのも、思いやりがない人の特徴のひとつ。
相手の都合や迷惑を考えず、勝手になんでも決めてしまうと、男性は一緒にいること自体に嫌気がさしてしまうでしょう。
どうするのか、ふたりで一緒に考えるようにしたほうが、絆や信頼も深まっていくものですよ。

きちんと「感謝をしない」


「何かをしてもらったときにお礼をちゃんと言えない女性には、げんなりしちゃいます。他人のことなど何とも思っていないんでしょうね」(20代・男性・販売)
感謝の気持ちがない女性には、「思いやりがない」とか「自分勝手」といった印象を男性は持つもの。
「やってもらって当たり前」のような態度にも見えるので、イライラさせてしまう原因にもなるでしょう。
また、感謝しているつもりというのも同様のことなので、きちんと言葉と態度で感謝を示さないと意味がないですよ。

さいごに


相手のことをちゃんと考えられるかということが、思いやりにつながっていくものです。
自分さえ良ければいいという思いでいると、周りからどんどん人が離れていってしまうことになりますよ。
(山田周平/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ