「正直不動産」絶好調で連続再放送決定!山下智久は“辞めジャニ”俳優のトップへ

アサジョ


 俳優の山下智久が主演を務める連続ドラマ「正直不動産」(NHK総合)が好調だ。

現在放送中にも関わらず、4月18日深夜に第1話と第2話が再放送されたのに続いて、今度は5月17日の第7話放送直後の深夜から3日間かけて第3話~6話の4話分が再放送されることがNHKから発表された。

同作は“嘘もいとわない”セールストークで売上1位を誇っていた不動産営業マン・永瀬財地がある日、アパートの建設予定地にあった“ほこら”を壊したことでたたりに遭い、ウソがつけない正直すぎる不動産屋となってしまったことから始まる、不動産業界や家を巡る人間模様を描いた痛快お仕事コメディ。

プロデューサーの宇佐川隆史氏によると同ドラマは「放送開始から1カ月、問い合わせの数はすでに2000件をこえ、総合視聴率(リアルタイム&録画)は10%以上を記録。NHKプラスも、第1話が新記録(朝ドラ・大河を除外したドラマの歴代最高値)を叩き出して以来、その数値を毎週維持し続けております」と、好評であることから放送中盤にも関わらず2度目の“連続再放送”が決定したという。

ネット上でも《1話から再放送してほしい。山下の正直ぶりも、単に嘘つけないだけでなく、いろんなパターンがありストーリー転換の重要なきっかけになっていて、面白さと考えさせられるシーンが秀逸》《今のドラマで「正直不動産」がいちばん面白い》《タイトルからは「正直」、それほど期待していなかったのですが、毎回安定の面白さで今期ナンバーワンです。山Pもいいですが、市原隼人もいいですね!》《山Pの新しい魅力を発見した今期ナンバーワンのドラマです。内容も凄く好感もてるし、不動産の勉強にもなるし、毎週楽しみです》など高評価の声が続出した。

「同作はオリコンが集計した今期のドラマ満足度調査で2週連続1位を獲得。山下の演技についても原作漫画の原案を務めている夏原武氏がツイッターを通して『感動しています』と最大限の賛辞を贈っています。これまで山下はクールな二枚目の役か05年の『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)のようなコミカルに振り切った役が多かったのですが、今回のドラマでは二枚目な一面も見せつつ、コミカルさも出した演技で、まさに山下のこれまでの集大成といえるのでは。

山下は20年10月末でジャニーズ事務所を退所。以後は海外の作品に出演することに注力していたため、地上波ドラマへの出演は19年4月のドラマ『インハンド』(TBS系)以来となります。退所直後は山下の今後の活動を不安視する声が多かったのですが、いまや近年の“辞めジャニ”の中では最も成功している俳優と言えるでしょう」(芸能記者)

今後、国内のドラマでもその存在感を発揮し続けてもらいたいものだ。

(柏原廉)

当記事はアサジョの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ