松本人志、上島竜兵さんの急死に言葉を詰まらせ…視聴者ももらい泣き

アサジョ


 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が5月15日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演し、同11日に急死したダチョウ倶楽部・上島竜兵さんについて言及した。

この日は、冒頭から上島さんとの別れを取り上げ、松本と浜田雅功が同局系「ダウンタウンなう」で上島さんと共演した際の映像を放送。ダチョウ倶楽部の持ちギャグである「聞いてないよぉ!」について熱く語る松本の姿や、最後には、上島さんと浜田がケンカからのキスというお決まりの芸で盛り上げる様子が流された。

このVTRをしんみりと眺めていた松本は、涙を堪えるような表情で、上島さんの急死に関し、「深い付き合いっていうわけではないんですけど、長い付き合いだったので。僕ら20歳ぐらいかな。竜ちゃんが22~23ぐらいかな。ここの局で『ひょうきん予備校』っていう番組がある。そこのレギュラーの時が一緒かな。そこからほぼ40年近く」とコメント。長くお笑い界を駆け抜けてきた仲間同士という感覚だったようだ。

続けて、上島さんは、ダウンタウンがMCを務める番組に何度もゲスト出演したことがあったと回想。ゆっくりと言葉を紡ぎ出しつつ、「要所要所で、ウチの番組に来て、盛り上げてくれて‥‥そうですね‥‥」と詰まる場面も。「うん‥‥ちょっと、ごめんなさい」と声を震わせ、「ちょっと、岩井に振ってくれる?」とコメンテーターとして出演したハライチ・岩井勇気にコメントを求めるよう、進行・東野幸治に要請していた。

「40年間、ともに芸人としてバラエティ番組を盛り上げてきた間柄なだけに、やはり突然の別れに相当なショックを受けたようです。言葉に詰まってしまうその姿に、ネットからは『こちらももらい泣きしてしまいました』『悲しみをこらえる松本さんを見て、すごく辛くなった』『松本さんの声が明らかに涙をこらえている時の感じだった。こんな松本さんは自分が知る限りでは初めて見た気がする。それだけショックが大きかったというのが伝わってくる』『長年、同世代として切磋琢磨してきた仲間だったので感極まったんでしょうね』『上島さんは本当に皆から愛されていたんだなぁ』『松ちゃんが泣いてるのを初めて見た』などの反応が並んでいます。松本は上島さんの急逝が伝えられた5月11日にもツイッターで『今日は仕事でテンションを上げるのに少し苦労しました。同年代の仲間やからね…』と投稿。大きな精神的ダメージがあったことをほのめかしていました」(テレビ誌ライター)

ファン、同業者など、全ての人に愛された芸人だった上島さん。あまりに急すぎる別れとなり、その喪失感を埋めるにはかなりの時間が必要になりそうだ。

(木村慎吾)

当記事はアサジョの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ