『劇場版 呪術廻戦 0』最後の舞台挨拶実施決定! 生中継も実施

2021年12月24日(金)から大ヒットロングランを続けていた『劇場版 呪術廻戦 0』について、最後の上映回にて ”最後にもう一度” 舞台挨拶の実施が決定。舞台挨拶の様子は全国342館にて生中継も実施される。

『呪術廻戦』は『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)にて連載中の芥見下々による漫画で、呪いを祓う才能の持ち主が集められた「東京都立呪術高等専門学校」を中心に、人間と呪い、そして呪術師の陰謀が渦巻く独特の世界観で描かれる作品。
それを原作としたTVアニメシリーズが2020年10月より放送、2021年には初の映画化となる『劇場版 呪術廻戦 0』が公開。また、待望のTVアニメ第2期が2023年に放送決定となり、大きな話題となっている。

昨年12月24日(金)に全国418館(IMAX39館含む)にて公開された『劇場版 呪術廻戦 0』は、公開から144日間で973万人以上を動員し、興行収入も136.4億円を突破。公開以降、15週連続で週末観客動員数ランキングTOP10入り(興行通信社調べ)を果たし、「第45回日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞」を受賞した。
”特級” 大ヒットを記録し続けていた本作は、来たる2022年5月29日(日)に13:00の上映回をもって、上映が一斉に終了する。

この回の上映終了後に、TOHOシネマズ新宿でキャスト陣による ”最後にもう一度” 舞台挨拶を実施することが決定! さらに、この舞台挨拶の模様を、全国342館の上映劇場にて生中継を実施する。

最後の舞台挨拶には、主人公・乙骨憂太を演じた緒方恵美のほか、禪院真希役の小松未可子、狗巻棘役の内山昂輝の登壇が決定。全国のファンからの質問に答える、ネタバレOKの舞台挨拶を実施予定とのことだ。

なお、チケットは5月17日(火)17:00~5月24日(火)11:00の期間ぴあ販売サイトにて受付開始(※定員を超えた場合は抽選)。生中継先の販売は、各実施劇場の販売サイトにて5月24日(火)24:00以降順次開始予定となっている。

>>>作品KVやロゴを見る(写真3点)

(C)2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。