マツコ、近藤春菜のイメージが変わった“芸人魂”を感じたことを明かす「300回ぐらい見たわよ」

E-TALENTBANK


5月14日、日本テレビ系『マツコ会議』に出演したマツコ・デラックスが、ハリセンボン(近藤春菜・箕輪はるか)とリモートでトークを展開した。

【関連】マツコ、有吉弘行の結婚による心境の変化とは?「恐怖みたいなものを…」

その中でマツコは、近藤がYouTubeの『友近 / 楽演チャンネル』内で演じている“徳川徳男”というキャラクターについて触れると、「今結構、1番お気に入りのキャラ」とコメント。

続けてマツコは、近藤が扮する“徳川徳男”がTWICEの『Feel Special』を踊っている動画については「私多分、1人でもうあれよ300回ぐらい見たわよ」といい笑いを誘った。

そしてマツコは近藤について、「でも私ね、ザ・芸人さんっていうふうなイメージというよりは、すごく器用に面白いこともできるし、ちゃんと進行とかもできるしみたいな人って勝手に思っちゃってたから」といい、「あぁこの人こんなすごい芸人さんなんだと思って。勝手にだけど、春菜ちゃんごめんねって言ったの、私」「初めてあれを見た時ね」と明かしていた。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ