ドラマ『持続可能な恋ですか?』第4話のあらすじ&見どころ

Oh!My!ドラマ

上野樹里主演ドラマ『持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』(TBS系列)の第4話が5月10日に放送された。

杏花(上野樹里)は晴太(田中圭)に親しい女性の存在を疑っていた。晴太は杏花と林太郎(松重豊)の家に颯(磯村勇斗)が居候しはじめたことを知って、居ても立っても居られず、颯の引っ越しを手伝うことに。そこで2人きりでゆっくりと話すことができたのだったが…?

第4話のあらすじ&見どころをご紹介!

第4話のあらすじ

颯の引っ越しの日に晴太の元妻の存在とシングルファザーの親心を知った杏花。晴太は颯の存在に遠慮したのか、お互いに気持ちを伝えないまま企業セミナーの最終日が近付いていた…。

そんな時、杏花はヴァネッサ(柚希礼音)から都内3つの新しいヨガスタジオのマネージメントを任せたいとオファーされ、独立への気持ちが揺らいでしまう。迷いを抱えたまま晴太と先輩女性起業家を訪ねることになり…?

一方で、明里(井川遥)へ淡い恋心を抱きはじめていた林太郎は、クリニックでの治療最終日、明里から一緒にウォーキングをしないかと誘われて…?

見どころ

独立に迷う杏花が出した答えは?

独立を夢みてセミナーにも参加して貯金や努力をしてきた杏花だったが、マネージメントであれば、ある程度自分の好きなスタジオが作れ、プライベートな時間が確保できると考えて気持ちが揺らいでしまう。

『プライベートな時間=晴太』だということは視聴者のほとんどが気付いているのに、晴太の鈍感さがもどかしい!独立を迷っている杏花に晴太が掛けた言葉とは?杏花が出す結論にも注目!

「頑張れ」

第4話のキーワードであろう「頑張れ」。晴太から独立に迷う杏花への「頑張れ」と、杏花からあることで悩んでいる颯へのエール「頑張れ」。ヨガシーンでの杏花が投げかける言葉は、頑張っている人や疲れを感じていいる人の心に響くものがあるのではないだろうか。

晴太&杏花、林太郎&明里の恋の行方にも注目!第4話からも目が離せない!