KAT-TUN中丸、新人ディレクターに怒られる「馬鹿にしてますよね」【KAT-TUNの食宝ゲッットゥーン】

 

5月12日の「KAT-TUNの食宝ゲッットゥーン」は幻の魚「白甘鯛」を求めてKAT-TUN中丸と新人ディレクター松本が海に出る。中々釣れない状況を変えるために中丸は松本Dに空手の形を披露させると奇跡が起きる。

中村D空手の形を披露して流れを変える

本州最南端の和歌山県串本町に年に数匹しか釣れない『白甘鯛』を釣る為、中丸と松本Dが向かう。白甘鯛は甘鯛よりも旨味が強く1kg台になると脂のりが抜群となる。中丸達は船で漁を始めるが釣れる気配はなく意気消沈。

そこで中丸は「空気変えるきっかけみたいなアイデアある?」と松本Dに尋ねる。想定外の質問に焦る松本。

空手をやっていたことを知る中丸は「空手って何やってた?」とさらに質問すると松本Dは「組手やってました、戦いのやつ」と返答。

中丸は「形って結構迫力あるよね、あれって空気変えられるのかな」と提案するが松本Dに「できないです」と即答され、沈黙してしまう。

沈黙する中丸を見て松本Dは「普通に正拳突きでいいですか?」と提案する。

正拳突きを軽く披露した松本Dに中丸は「いいですね、声とかかける?」「サァー!とかあります?」と言うとスタジオから「それは卓球だろ!」とツッコミを入れられて大爆笑。

松本Dは「数えてもらっていいですか?10まで数えて下さい」とお願いし、中丸は承諾。

中丸「いち」松本D「やぁ!」中丸「にぃ!」松本D「ああ!」中丸「ああ!」松本D「ああ」中丸「ああ!」松本D「ぁぁ」

中丸は数えるのが「ああ」になり松本Dは「ちゃんと数えてます?」と尋ねるが、中丸は「えっ!?」ととぼける。

松本Dは「馬鹿にしてますよね?」と怒りのツッコミを入れて大爆笑が起こる。

しかし正拳突きの披露した直後に見事に流れが変わり、白甘鯛をゲット。奇跡的な展開にスタジオは驚いていた。