血液型別|後悔することが多いランキング

yummy!


血液型別|後悔することが多いランキング

あの時、こうしておけばよかった。もっと○○すればよかった……。
あなたなりに後悔していることはありますか?
しかし、人によってはまったく後悔がない人もおり、もしかしたら性格によるものも大きいのかもしれません。
そこで今回は、後悔することが多いタイプを、血液型別に考えてみました。

目次

第1位:A型


A型は優柔不断で、受け身で消極的で、行動よりも頭が先に動いてしまうタイプです。
グルグルと悩んでしまうあまりに、行動ができず、後悔してしまう場面が多いのは、断トツにA型タイプでしょう。
後悔を少なくするには、自分が「こうしたい」「こうかもしれない」と思ったことを、自分から行動に移すことです。
たとえ失敗をしてしまっても、行動する前よりも身になることが多く、後悔が少なくて済みます。
頭で考えているうちは、物事は起こりません。
ゼロから何も変わらず、1(イチ)にならないのです。
まずは、一歩自分から踏み込んでみることで、頭で考えていることとは違うことが起こり、思わぬ収穫が得たりできるでしょう。
「どうしよう……」と悩んでいるのなら、まずは勇気を出して行動をしてみてください。

第2位:B型


B型は猪突猛進タイプで、自分が「これだ!」と思ったことに、一直線なタイプです。
血液型のなかでも、最も行動的なタイプで、そういった意味での後悔はありません。
しかし、熱しやすく冷めやすいタイプであり、些細なことで気持ちがしぼんでしまい、それまでの情熱がみるみるうちに消えてしまうところがあります。
周りからみると、非常にもったいないと感じられるでしょう。
やや自己中心的であり、周りの耳を聞かないところが、B型の玉の瑕です。
せめて、自分を良くしてくれている人の意見だけは、耳を貸して、我慢を覚えてみてください。
どん底でイヤな感じになったとしても、そこで一度踏みとどまれるかどうかで、後々の後悔レベルが変わってきます。
ぜひ簡単に諦めず、投げ出さず、自分が情熱をかけられるものに、真っすぐに取り組みましょう。成果は必ず出ます。

第3位:O型


O型は冷静な現実主義者であり、おおらかな体質でありながら、非常に諦めがいい血液型です。
細かいこだわりを持たず、大筋が合っていれば「まあいいか」と考えることができるので、スパッと諦めてしまうのです。
そのため、ストレスが溜まりづらく、後悔も少なくて済みます。気に病むことも少ないでしょう。
それでも、自分のこれだけは譲れないことに関しては、血液型随一に頑固であり、こだわりを捨てません。
どんなに自分を愛してくれている人の意見でも、です。
逆に自分のこだわりを突き通すことができるO型なので、後悔も少なくて済むでしょう。
「これをしなかったら後悔する」というのを、本能的にわかっているのです。
人生は一度きりです。
一度きりの人生で、いかに後悔をしないで済むかは、それぞれのシーンのタイミングも大きな関係があります。
ぜひタイミングとチャンスを逃さず、自分の可能性を広げてみてください。

第4位:AB型


AB型は自分の感性のままに行動し、自分の考えすらも改めてしまう、すごい血液型です。
ありのままの自分を大事にし、「ちょっと違うな」と思ったことは、これまでの生活、行動を一新するように、すべてを捨て去って新しい生活に飛び込んでいきます。
AB型のように行動できる人は少なく、一見すると破天荒で、波乱万丈な人生を送っているようにも見えるでしょう。
しかし、自分が思うことを成し遂げ、行動できるAB型は最も後悔が少なく、最も自由な血液型です。
すべての人がAB型のような行動は取ることができないかもしれません。
それでも、AB型のように自分の感性を信じることで、物事が動き出すことはあります。
やりたいことがあれば、いますぐはできなくても、ビジョンとして頭の片隅に置いてみてください。
そのうち、叶えられるタイミングが来るかもしれません。

おわりに


一度きりの人生です。後悔のないように人生を歩みたいですね。
これまでの人生で後悔が少しでもあるのなら、大事なのは今後の人生をどう歩むかです。
少しでも前向きな気持ちになれるよう、一歩踏み出す勇気をここから見つけてみてくださいね。
(柚木深つばさ/ライター)
【参考文献】
『気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本』長田時彦(三笠書房)

当記事はyummy!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ