西島秀俊の「ポケモン」「ライダー」…休日は子ども相手に本気でごっこ遊び!

アサジョ


 俳優の西島秀俊が5月11日、「TOKIOカケル」(フジテレビ系)にゲスト出演。休日の子どもたちとの過ごし方を語った。

俳優の斎藤工とともにゲストとして出演した西島は休日ルーティンを紹介。朝は7時に起床し、朝食のあとに犬を連れて散歩、ジム通いとアクティブに活動。19時から約2時間は5歳と3歳の子どもとの時間に充てているといい、その理由について「うちは『○○ごっこ』をしないと絶対に寝ないんです」と告白。その内容はウルトラマンや仮面ライダー、ポケモンなどだという。続けて西島は、「だから僕、休みの日も(子ども相手に)演技してるし」とぼやくと、スタジオは笑いに包まれていた。

ネット上では《いいパパですね。忙しいでしょうが家族と過ごす時間も大切にしている様で好感が持てます》《凄くいいパパしているんですね。奥様が羨ましいです》《西島さんの本気の変身を見てみたい》など西島のイクメンぶりに好感の声が多数寄せられた。

「西島は5月13日公開の映画『シン・ウルトラマン』で日本にだけ現れる巨大不明生物『禍威獣』と対峙する『禍威獣特設対策室専従班』通称『禍特対』の班長・田村君男役として出演しているほか、今秋配信予定の特撮ドラマ『仮面ライダーBLACK SUN』では主人公の仮面ライダーBLACK SUN/南光太郎役を務めています。さらに19年公開の映画『名探偵ピカチュウ』の日本語吹き替え版ではピカチュウ役。子ども達にとって『ごっこ遊び』をするのにこれ以上の適役はいないでしょう」(芸能記者)

大人から見ても贅沢すぎるごっこ遊びと言えそうだ。

(柏原廉)

当記事はアサジョの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ