抜け感メイクは“緩急”が大事。 メイクで「引き算するところ」&「足し算するところ」

beauty news tokyo


メイクをするたびに、これ以上手を加えるところはないけれど、なんだかアカ抜けないと思うことはありませんか? そんな時は「足し算」するのではなく「引き算」するところを意識してみてください。今っぽい旬顔には”抜け感”が必須。メイクの「引き算するところ」と「足し算するところ」に緩急をつけることがポイントとなってきます。

引き算するところ


(1)ファンデーションをべた塗りしない

肌をきれいに見せたい一心から、ファンデーションは塗り漏れがないように顔一面にベターっと塗ってしまいがちですが、これはNG。のっぺりと立体感のない顔になり、顔が大きく見えてしまう上に抜け感が無くなってしまいます。



頬骨を中心とした部分の肌がきれいに見えると、顔全体の肌がきれいに見えるので、しっかり塗るのはこの部分だけ。その他の部分はさらっとファンデをのせたら、シミやクマなどの気になる部分はコンシーラーで隠していきます。フェイスラインはとくに軽く仕上げましょう。そうすることで小顔効果もアップしますし、抜け感が出ます。

(2)“色”より“光”を味方につける

チークやアイシャドウで色ものを使うというよりは、ハイライトやラメなどの光ものを使うと顔に立体感が出て、同時に抜け感も出てきます。

ハイライトを目尻を囲むCゾーン、そして鼻の根本の両端(めがねの鼻あてパッドが当たる部分)にのせます。頬に色味が欲しければ、淡くさりげなくチークをのせる程度にとどめましょう。アイシャドウも単色使いやラメのみという”光”を意識した潔い使い方をすると、今っぽい抜け感を演出できます。

足し算するところ


メイクで抜け感を出すにあたって、しっかり足していきたいところはリップです。リップ以外をエフォートレスにヌーディに仕上げて抜け感を出しているので、血色感を出すためにもリップはしっかり塗りましょう。



少し前のトレンドであるパキっとした赤リップやモードな赤茶系というよりも、自然な血色感を出してくれる粘膜リップで上品な仕上げるのが抜け感のある旬顔になるポイントです。

メイクを始める前に、「どこを引き算するか」「どこを足し算するか」という全体像をイメージしてから始めると、失敗なく抜け感メイクが楽しめるはず。メイクで軽やかな抜け感を作り出して、暖かい陽気に包まれ外出したいですね。<text:kanacasper(カナキャスパ)>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。