浜田、キスマイ北山に「これは酷」【プレパト!!】

浜田雅功(ダウンタウン)がMCを務めるTBS系バラエティー番組『プレバト』(毎週木曜19時~)の人気コーナー「俳句の査定ランキング」ですが、5月12日の放送は浜田が欠席。代わりのMCを務めたのは、Kis-My-Ft2・北山宏光。収録されたものを、後日スタジオで見た様子を収録して、その様子が画面のワイプに映し出されました。この日はMCをしながらも俳句を査定される側としても出演したため、自ら夏井いつきからのダメ出しを自ら発表するという番組初の事態に。その北山を見ていた浜田が「これは酷やな」と同情する様子が放送されました

新ミスタープレバト誕生の期待がしぼむ結果

浜田の代役MCとして番組を進めてきた北山が、いよいよ自分の番が回ってきます。自他共に「ミスタープレバト」と認める梅沢富美男が、「『俳句は出来る、MC出来る』ことになったら、これはうまくいけば…」と含みあるコメントを出します。すると北山も「ミスタープレバト?」と自身が新たなミスタープレバトになれると期待を膨らませ、渡された紙の中身を自らも見ずにカメラ側に向けて開封します。しかし結果は「現状維持」と北山の句を査定した夏井。昇格できないと知った北山は天を仰ぎます。この様子を見て「これは酷やな」と苦笑する浜田。

番組の最後、無事に代役MCを務め終えた感想を聞かれた北山は「めちゃめちゃ緊張しました」と語り、そして「浜田さんの声量がすごい」と普段の浜田の“偉大さ”を実感していました。それを見ていた浜田は、北山に感謝のコメントを述べつつも「改めて1人の視聴者として見てみたら、声ちっちゃいな(苦笑)」と指摘したのでした。