指原莉乃、ロッチ中岡のエピソードに「辛かった」「謝ってよ」【トークィーンズ】

今を輝く女性芸能人が集結し男性ゲストを掘りまくるトークバラエティ『トークィーンズ』(フジテレビ系列)。5月12日放送のゲストに芸人のロッチ・中岡創一が登場!交際10年の彼女との馴れ初めを明かし、愛情表現が苦手で恥ずかしがり屋の一面が明らかになった。

ロッチ・中岡、交際10年の彼女への愛情表現ができない?

国民的人気を誇りバラエティ番組に引っ張りだこの中岡が『トークィーンズ』に初参戦!『10年愛を貫く中岡と彼女にもっともっと幸せになってほしい』をテーマに女性芸能人たちが中岡の恋愛事情にぶっ込んでいく。

3時のヒロイン・福田の事前取材にて彼女との馴れ初めを問われた中岡。ザブングル・松尾といとうあさこと3人で食事行った際に、酔っ払った松尾が店に携帯を忘れたといい「僕が探しに行ったら『どうしたんですか?』って言ってくれて、一緒に探してくれた子が今の彼女」と彼女との運命的な出会いを明かす。

しかし…「呼び捨てで彼女を呼んだことがない」と明かし、10年間で一度も「好き」だと気持ちを伝えたことがないと暴露。「異常だと思うんだけど恥ずかしいねん」と愛情表現が恥ずかしいと説明。気持ちをどうやって彼女に伝えているのかと問われると「ブランドが彼女は好きなんよ。ブランドものを買ってあげるからかな?」と自身で考察し、見守る女性陣は失笑。

さらに「手を繋いだことがない、彼女と」と自ら手を繋いだことがないことも発覚し「手を繋いで歩く心地よさがわからない」とコメント。指原は過去に中岡のように愛情表現をしてくれない恋人がいたと明かし「すっごい思い出して泣きそう…めっちゃツラかったです。謝ってよ!」とヒートアップしてなぜか中岡に謝罪を求めてしまうのだった。