上島竜兵が有吉弘行に託していた「遺言」の中身「俺の葬式の時には熱湯を…」/坂下ブーランの「地獄耳」芸能

アサ芸プラス


 有吉弘行が生前の上島竜兵に深く感謝していたのは、仕事がない時代、毎晩のように飲みに誘われ、

「お前は面白いぞ。大丈夫だぞ」

と言って励ましてくれたからということになっているが、上島を愛してやまないのには、もっと深いところに理由があった。

ヒマな有吉がダチョウ倶楽部のラジオ番組に遊びに行き、収録スタジオの近くをウロウロしていた時、若い女の子がモジモジしながら、駐車場の中に消えて行くのを目撃した。有吉が回想する。

「あんな若いコが駐車場に消えて行くって、何か悪いことでもしてんじゃないかなって、後を付けて行ったの。近づいたら、ガサガサって音がして、女の子がズボン上げながらどっか行っちゃったの。『コラ!おい!』って言ったけど、振り向かずにどっか逃げちゃって。そのコのいた場所を見たら、湯気が立ってて。オシッコしてたんだよな。それ見た時に『いいもんだな』って思ったの。そのコも恥ずかしかったろうなって。俺も忘れられないけど」

まだ上島との関係性もできておらず、エピソードもあまりなかった有吉が、その話をダチョウ倶楽部に明かすことになった。

「俺が『オシッコした女の子がいたんですよ!』って言ったら、上島さんは『儲けたなぁ』って言ったの。それで、俺は上島さんのことを好きになったの。これはあんまり言ってないんだけど…」

そう上島の人柄を振り返ったのだ。

ビートたけしは、

「上島、大変ショックです。40年近く前から一緒に仕事をしてきたのに、芸人は笑っていくのが理想であって、のたれ死ぬのが最高だと教えてきたのに、どんなことがあっても笑って死んで行かなきゃいけないのに、非常に悔しくて悲しい」

と、しみじみ。明石家さんまも、

「ほんとに好きな芸人で、好きな後輩の男が、いちばん嫌いな死に方をしたからね。ちょっとね、腹が立っているというのが事実ですよ」

と、大事な仲間の自死を悔やんでいる。

たけしやさんまの「どんなことがあっても笑って死ぬ」「生きてるだけで丸儲け」という芸人としての信念とは違った形で幕を閉じてしまったが上島。だが先輩後輩関係なく、笑いの才能のある人に憧れたからこそ、誰からも慕われる稀有な芸人になったことは間違いない。

上島から「俺の葬式の時には、俺の顔に熱湯をブッかけてくれよ!」と遺言を託されていたほどの仲だった有吉は、きっと人知れず実行していることだろう。

坂下ブーラン(さかした・ぶーらん):1969年生まれのテレビディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティー番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティーの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYouTube動画を制作、視聴回数の爆発をめざして奮闘中。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ