抹茶パフェにアジサイが咲いた 京都・伊藤久右衛門で季節限定パフェ

OVO


 雨の中で鮮やかにみずみずしく咲き誇るアジサイの姿を見ると、梅雨も悪くないなと思わされる。京都府宇治市や京都市にある伊藤久右衛門(京都府宇治市)の各茶房で、5月13日(金)から「紫陽花パフェ」(税込み1,390円)が今年も登場した。伊藤久右衛門が店舗を構える京都・宇治には、“あじさい寺”として有名な紫陽花の名所「三室戸寺」があり、梅雨の時期は多くの観光客でにぎわう。10年目となる「紫陽花パフェ」は、抹茶の紫陽花きんとん、紫陽花色のクラッシュゼリー、葉形の抹茶クッキーやブルーベリーなど、雨露に濡れるアジサイをイメージした人気ナンバーワンの季節限定パフェ。紫陽花パフェに、宇治抹茶・宇治抹茶かぷちーの(いずれもホット/アイス)・アイスグリーンティーから選べる「お茶セット」(同1,790円)、紫陽花パフェに、わらび餅とドリンクを付けた「紫陽花茶会」(同1,990円)も。これらを注文すると、伊藤久右衛門オリジナル「紫陽花コースター」がプレゼントされる。紫陽花の季節だけ楽しめるスイーツで、宇治の梅雨を楽しもう。

当記事はOVOの提供記事です。