妻の小言にイライラ…でも言い返せない「気弱夫」の実態

yummy!


妻の小言にイライラ…でも言い返せない「気弱夫」の実態

気弱な男性は、妻に文句などを言われても、何も言い返せないままになってしまいやすいです。
ただ、本当はイライラを抱えていたり、言い返してやりたいという思いを持っていたりする場合だってあるでしょう。
そこで今回は、妻に言い返せない「気弱夫」の実態について紹介します。

目次

「ヒステリック」に対応できない


「うちの奥さんは怒り出すともう手がつけられなくなるので、とにかく大人しくして冷めるのを待つしかないです。何を言っても火に油を注ぐことになるので…」(20代・男性・公務員)
感情の起伏が激しい女性のことを苦手に感じる男性はとても多いです。
特に、急に怒り出したり、ヒステリックを起こしたりされると、もうどう対応したらいいのかがわからなくなってしまうもの。
気弱な男性であれば、なおさら黙り込んで怒られ続けるしかなくなるのでしょう。

「負い目」がある


「昔、浮気をしたのがバレちゃったことがあって…。それ以来、妻にはまったく頭が上がらないので、何を言われても受け入れるしかないです」(30代・男性・広告代理店)
借金がある、浮気や不倫をした、奥さんのほうが稼ぎがある、仕事で大きな失敗をした…。
こういったことがあると、それを負い目に感じて、何も言えなくなってしまうという場合もあります。
別に追い詰めているつもりはなくても、自ら追い詰められていくこともあり得るケースなので、あまり責めすぎないように注意は必要かもしれません。

「折れた」ほうが早い


「小言を言われて、それに歯向かって喧嘩になると、本当に無駄に体力を使ってしまう。それがきついので、折れちゃったほうがいいなって思っています」(30代・男性・WEBデザイナー)
気弱な男性であれば、言い争ったところで自分には勝ち目がないとしか思えないはず。
それであれば、早々に折れて、嵐が過ぎ去るのをジッと耐えて待ち続けようという考えにもなるのでしょう。
いつもすぐに非を認めて謝ってくるのは、そもそももうすべてを諦めている状態なのかもしれませんよ。

「真面目」でやさしすぎる


「自分の性格的に、小言とか文句ととかを言われて、それが違うと感じても、あまり言い返せないんですよね。直せるなら直そうかなとも思っちゃいますし…」(20代・男性・商社)
真面目でやさしすぎる男性は、たとえ理不尽な言われ方をしたとしても、それを素直に受け止めてしまうかも。
「俺がいけなかったのかも」とか「妻が求めている夫にならなきゃ」などと、言い返すどころか反省し始めるなんてことも…。
ただ、真面目すぎるがゆえに、思い詰めてしまうよなことにもなりかねないという危うさも秘めているものですよ。

さいごに


気弱な男性は何も言えずに大人しくしているかもしれませんが、いつかは溜まった不満が爆発してしまう可能性もあります。
そうなってからでは取り返しがつかないので、一方的に責めすぎないようには注意が必要でしょう。
(山田周平/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。