太川陽介が「千葉で4戦全敗」バス旅でどうしても勝てない「鬼門」の理由とは?

アサ芸プラス


 自ら「バス旅のプロ」を名乗り、「水バラ」(テレビ東京系)で「陣取り合戦」「鬼ごっこ」「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」「BINGO対決旅」と、4つのバス旅を実践している太川陽介。長い経験で磨き上げられた乗り継ぎ術と判断力を武器に、強力なライバルたちを相手に次々と勝利を収めてきた。そんな太川がバス旅の意外なジンクスを明らかにした。

5月4日の「水バラ」で放送された「ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 路線バスで鬼ごっこ第6弾」でのこと。島崎遥香から、バス旅で行っていない所はないのかと聞かれた太川は「沖縄だけは行ってない」。続けて「超苦手なのが千葉県。勝てないんだ。相性が悪い」と明かした。

番組の情報によると、千葉県の戦績は0勝3敗。バス旅のプロらしからぬ結果なのである。

太川が千葉で負けたのは「陣取り合戦の第2弾」「陣取り合戦の第7弾」「鬼ごっこの第2弾」だ。そして今回の「鬼ごっこ第6弾」の舞台も千葉で、太川は敗北。千葉県での戦績は0勝4敗になり、またしてもジンクスは守られることとなった。

なぜ太川は千葉で勝てないのか。テレビ誌ライターはこう考えているという。

「太川は蛭子能収と『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』を25回も行っていますが、千葉を旅したのは一度だけ。14年の第16弾しかありません。日本中のローカル路線バスを乗り尽くした太川ですが、千葉のバスはよくわかっていないのではないでしょうか。さらに太川は京都出身なので、千葉の地理感覚に乏しいのも原因だと思われます。ちなみに第16弾は千葉の館山駅を出発し、福島県の鶴ヶ城を目指すルートでしたが、失敗に終わっています」

太川が千葉で勝利を収め、ジンクスを破る日は来るか。その日が楽しみだ。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。