土田晃之、上島竜兵さんの訃報を受け病院へ その表情に「ちょっと救われた」

fumumu


土田晃之

15日放送のラジオ番組『土田晃之 日曜日のへそ』(ニッポン放送)で、パーソナリティを務める、お笑いタレント・土田晃之さんが、11日に急死したお笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんについて心境を吐露しました。

■土田にとって上島さんは「単純に、もう家族」


番組冒頭で土田さんは「本当に僕にとって、もう友達だしね、恩人だし。親友だし。あとね、兄貴だし。もう親なんで。単純にもう家族なんですよね」「『家族』ってことなんで、利害関係もなくですね、普通に楽しくみんなで楽しく集まって。20年以上こうやって普通に集まれるって、なかなかないと思うんですよ」と話しはじめます。

続けて「そんな家族がね、亡くなってしまったんですけど」と上島竜兵さんについて語りだしました。

関連記事:上島竜兵さんの訃報に追悼の声が集まる HIKAKINも「本当に心優しい方でした」

■病院に駆けつけるタクシーで「涙も止まらない」


「上島さん亡くなって、3回会うことができたんですけど」という土田さんは、訃報の連絡が来て、すぐに病院に行くことができたようです。

「行くタクシーの中でもね、上島さんの携帯に連絡したんです、僕が。で、もちろん返ってくるわけもなくて」「『いやぁ、これマジか』って思いながら、東京の夜景を見ながら、涙も止まらないわけですわ。で、病院ついてもずっと泣いてたりしてたんですけど」と、病院に到着するまでの自身について明かしました。

■「本当にいつもの寝顔」


病院に到着したものの「苦しい顔とかしてたらどうしよう…」と思いながら上島さんに対面した土田さん。

「本当ね、呑気な顔をして寝てたんですよ。もうなんか、拍子抜けするぐらい。もう本当にいつもの寝顔で」「みんなも泣いてたんだけど、ちょっと半笑いというか。『本当、呑気な顔をして寝てますね』って」と、穏やかな表情だったことを明かし「本当、本当少しだけど、ちょっと救われたなぁって思って」と心境を吐露。

また、上島さんの手を握らせてもらったという土田さんは「生きてるとき、散々、腕相撲やったり飲んでる席でもジャレ合ったりしてたんだけど『あぁ、こんな男らしい、ゴツゴツした手してたんだなぁ』って、何回も触って。今までの感謝を伝えていたんですけど」と、上島さんと対面後の時間を振り返りました。

■土田「笑って話せるようになったら…」


最後に「笑って話せるようになったら、また色んな話をしたいなって思っております」と語った土田さんは「まぁ、上島竜兵っていうね、優しい男がいたんで皆さん、忘れないでいて下さい」と追悼しました。

土田さんの言葉にリスナーからは「土田のラジオ 上島竜兵の話で泣いた」「上島さんの手を触ってこんなにゴツゴツしてたのかっていう話し…涙が出た」「土田さんのラジオ聴いてガチ泣きしてた」「ツッチーのラジオ聞いてたら笑いながら泣けた…竜さんを偲びつつ、クスッと笑わさせてくれるの凄いわ…」などのコメントが寄せられています。

■主な相談窓口
・いのちの電話

ナビダイヤル=0570-783-556(10時~22時)

フリーダイヤル=0120-783-556(16時~21時。毎月10日は8時~11日8時)

・合わせて読みたい→明石家さんま、上島竜兵さんの死に心境を吐露 「ちょっと腹が立ってる」

(文/fumumu編集部・冬野 とまと)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ