隈研吾設計の複合型リゾート【Snow Peak FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS】が新潟県三条市にオープン

beauty news tokyo


新潟県三条市に隈研吾が設計した、スパと宿泊、レストラン、ショップを備えた複合型リゾート【Snow Peak FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS(スノーピーク フィールド スイート スパ ヘッドクォーターズ)】が2022年4月にグランドオープン。アウトドアメーカーの「Snow Peak(スノーピーク)」がめざす、自然と人とが一体になる施設です。

眺望が素晴らしいサウナと大浴場、外気浴は高原気分!


敷地内の地下1,500mから湧く天然温泉を利用したスパは、景色の素晴らしいサウナや露天風呂、自然との一体感を満喫できる外気浴テラスなど、温泉ファンやサウナーの天国と言っても過言ではない施設です。



▲スパ、レストラン、ショップが入るメイン棟 <画像提供:Snow Peak FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS>

木のルーバーを活かす隈研吾の建築スタイルですが、キャンプ用品で知られるスノーピークをリスペクトして、建物の軒下や屋内の天井には、キャンプで使う薪(まき)を利用。内と外とをシームレスにつなぎ、アウトドアのスピリットを表現しています。



▲難燃剤処理された薪は3種類の長さにカットされ、規則的に配置します



▲5万坪の広大な草原にキャンプフィールドやスノーピーク本社があります <画像提供:Snow Peak FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS>



▲モダンでクールな脱衣場

スパは宿泊者以外にも日帰り入浴(¥1,600・タオル付)が可能。ドライヤーはダイソン。植物由来にこだわるレジェナのクレンジングや化粧水、乳液を用意します。



▲スパは日替わりで男女入れ替えに

大きな湯船には自家源泉の弱アルカリ性単純温泉が注がれ、ガラス張りの内場からは日本三百名山の粟ヶ岳を眺望。冬は一面の雪景色を楽しめます。



▲シャワーを使いながら眺望が楽しめる一直線に並んだ洗い場

洗い場は、座った状態でも外の景色を楽しめるよう、高さを控えめに設計。家具メーカー「Time & Style」の桶とバスチェアは新潟産の杉材が使われています。



▲壁一面がガラス張りになったサウナでは、自然との一体感を満喫

90度に設定されたサウナは黒を基調にしたシックな空間。サウナヒーターを中央に置き焚火を囲む感覚で楽しめます。粟ヶ岳の春夏秋冬を楽しめる眺望は、何度も通いたくなるほど魅力的です。



▲セルフロウリュウもできる!

360度型のサウナヒーターには、遠赤外線効果が高くロウリュウに最適な「ケルケスストーン」を採用。



▲最深120cmの深さがある水風呂

水風呂の温度は16度ほど。潜水不可の水風呂が多い中、頭まで水をかぶりたいというリクエストに応え、深い浴槽になっています。ガラス窓と石造りの水風呂は男女日替わりで利用します。



▲外気浴を楽しめるのは45平米もの広さがあるテラス

三つ星店協力の「レストラン雪峰」


ミシュランの三つ星店「神楽坂 石かわ」の石川秀樹氏が協力する「レストラン雪峰」は、生産者とのつながりを大切に、地元でとれた野菜や果物、川魚を中心に“自然を食べる料理”をいただけます。



▲オープンキッチンの「レストラン雪峰」



▲景色を望む一面ガラス張りのレストランは開放感抜群。個室もあります



▲2種類のコース料理のほか、アラカルトも用意 <画像提供:Snow Peak FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS>

ランチは11時30分から15時まで、ディナーは17時から21時まで。宿泊者限定の朝食は7時から9時までです。

気軽に利用できるレストラン「Snow Peak Eat」


スパを楽しんだ人がカジュアルに利用できる「Snow Peak Eat」。入浴後の湯上がり処にもぴったりです。食事が提供される時間は11時30分から15時までと、17時から21時まで。15時から17時まではソフトドリンクやアルコールをいただけます。



▲カレーライスやラーメン、スイーツなど、気軽に食事を楽しめる「Snow Peak Eat」。テイクアウトメニューも用意します



▲テーブル席の他、湯上りにくつろげるお座敷スペースも用意

施設がある下田郷周辺でとれた野菜をはじめ、素材にこだわったメニューを用意。肉料理と魚料理からメインを1品選び、おばんざいが楽しめる「郷土のおばんざい定食」はおすすめです。



▲「郷土のおばんざい定食」の主役は、施設から1kmほどの楢山地区でとれたご飯 <画像提供:Snow Peak FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS>

季節によってメニューが変わる「郷土のおばんざい定食」は4種類の好きなおばんざいをチョイス。3種類、もしくは6種類をえらべる、おばんざいの単品メニューもあります。



▲選べるおばんざいで里山の味を体験 <画像提供:Snow Peak FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS>

ここだけのSnow Peak限定品も!


建物1階には、施設の受付とショップがあって、スパや宿泊のチェックインも行います。スノーピークのアウトドア用品やファッションアイテム、選りすぐりの食料品などが並びます。



▲到着したらこちらで受付



▲ショップ限定商品は、特別色の館内着やスタッキングマグなど、ここでしか買えない商品も<画像提供:Snow Peak FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS>



▲全国からセレクトされた商品やお土産なども販売。有名な燕三条の金属加工製品も並びます



▲レストランの横には、宿泊者専用の焚火ラウンジを用意

自然との一体感を満喫できる【Snow Peak FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS】のスパやレストラン。キャンプ場や宿泊施設もあるので、ぜひ一度訪ねてみてくださいね。<text&photo:湯川カオル子 予約・問:Snow Peak FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS https://www.snowpeak.co.jp/fieldsuitespa/hq/>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。