ふこキス・ヒロたるランクイン! 週間人気記事(5月6日~12日)

今回もアニメージュプラスの人気記事ランキングをお届けしよう。
集計期間は2022年5月6日から5月12日の1週間だ。普通の土日である7・8日だが、アニメージュプラスの特集記事などではゴールデンウィーク終盤と捉えていた。

世間の動き。ロシアによるウクライナ侵攻はまだ続いている。
新型コロナウイルス関連。東京都の新規感染者数で見ると、連日先週の同じ曜日より上昇してしまっている。ゴールデンウィークでの外出数の多さがそのまま影響した形か。ただ、先々週の水準までは戻っていない。

映画ランキング。1位は先週に引き続き『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』。『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』が初登場2位。
『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』が3位、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』が4位。
サスペンス映画の『死刑にいたる病』が初登場5位。『劇場版ラジエーションハウス』6位、『SING シング ネクストステージ』7位、『劇場版 Free! the Final Stroke 後編』8位、『ホリック xxxHOLiC』9位、『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021』が10位となっている。

それでは20位から10位まで、カウントダウン!

<5月6日~5月12日>
【20位】
渋谷に喫茶ポアロ出現!『名探偵コナン ゼロの日常』PRONTOコラボ
【19位】
『パリピ孔明』第7話 謎のストリートミュージシャンとの出会いは吉か凶か!
【18位】
カラオケルームがキミだけの劇場に!『モーレツ宇宙海賊』降臨!!
【17位】
質感再現!『あつまれ どうぶつの森』ミニドール第3弾&5月9日食玩
【16位】
『SPY×FAMILY』ダミアンやベッキーの追加キャスト情報公開!
【15位】
全『名探偵コナン』作品の中で一番歌われている主題歌ランキング!
【14位】
【ほろよい】カラフル美しいイラストに見惚れる新CMが公開!
【13位】
『ハイキュー!!』日向たちが手触り抜群の可愛いむにゅぐるみに♪
【12位】
【一部ネタバレあり】『不幸くんはキスするしかない!』デート回がSNSで大反響!
【11位】
警察学校編第3弾、萩原が爆発物処理班に!?『名探偵コナン』1042話

19位は『パリピ孔明』の先行カット記事。じわじわ人気を伸ばしつつある孔明、このままランキング入りを維持して春を駆け抜けることができるか?

16位は、こちらもここへ来て人気の伸びがランキングに現れ始めてきた『SPY×FAMILY』。ちょっとネタバレすると、実は先行カット記事が上位にランクインしている。

12位はBLドラマ『不幸くんはキスするしかない!』の特集記事。4月22日~4月28日のランキングでも、別の特集記事が18位に入っている。アニメージュプラスとしては珍しく、実写だが先行カット記事を掲載しており、こちらもいずれランクインしてくるかもしれない。
ちなみに『仮面ライダージオウ』ゲイツ役の押田岳、『仮面ライダーゼロワン』亡役の中山咲月、『ウルトラマンX』大空大地役の高橋健介も出演している。

そして下位ランクトップの11位は『名探偵コナン』警察学校編第3弾の先行カット記事。
安室透の同期である「警察学校編」の登場人物は映画『ハロウィンの花嫁』にも関係しており、関連項目として注目度が上がっているのだろう。20位と15位もコナン関連であった。

大ヒットロングランを続けていた『劇場版 呪術廻戦 0』が、2022年5月29日に上映終了することに決まった。
5月8日調べで総興行収入は136.1億円。国内歴代ランキングでは15位。14位の『ラスト・サムライ』が137億円なので、終映までにはもう1つ順位を上げるかもしれない。もちろん、15位で終わったとしてもすごい記録である。

5月13日からは『シン・ウルトラマン』の公開が始まっている。来週のランキングには顔を出してくるだろう。見た人の評判はいいようだが、順位としてはどこに食い込んでくるか。1位争いをするとすれば相手はコナン。強敵である。
ちなみに『シン・ゴジラ』は興行収入82.5億円の歴代68位、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が102.8億円の歴代36位であった。あらためて『劇場版 呪術廻戦 0』の記録がとんでもないレベルであるのを思い知らされる。

それでは10位から1位まで、カウントダウン!

<5月6日~5月12日>
【10位】
『SPY×FAMILY』第5話 任務続行のカギは試験の合否の行方!
【09位】
アニメ『ヒロインたるもの!』第6話はひよりをプロデュース!?
【08位】
『カードキャプターさくら』をいつも身近に♪ ハンカチやエコバッグが登場!
【07位】
元アニメ制作が映画『ハケンアニメ!』を観て感じたリアリティ
【06位】
『名探偵コナン』警察学校編「CASE. 松田陣平」配信決定!
【05位】
『MFゴースト』ユーロビートと共にスポーツカーが疾走! 第二弾PV公開
【04位】
ミニサイズながら巨大感を表現! プチラマ『シン・ウルトラマン』
【03位】
『ウルトラマン』円谷ヒロインの元祖・桜井浩子が語る初写真集への思い
【02位】
画業40周年を迎えた桂正和が絶望しながらも感謝した初アニメ化作品
【01位】
『パトレイバー2』にまつわる2冊の必読書と巨匠たちの幻のコラボ

10位は『SPY×FAMILY』。先行カット記事は初ランクインだが、なかなかいい位置に付けてきた。ここから常連化や、さらに上を狙えるかどうか。

その『SPY×FAMILY』をかわして初ランクインで9位をもぎ取ったのはメ『ヒロインたるもの!~嫌われヒロインと内緒のお仕事~』の先行カット記事。
クリエイターユニットHoneyWorksの楽曲を元にアニメ化した同作は、元々楽曲のファンが一定数居たわけだが、このタイミングでの浮上はアニメを見てからファンになった人の注目度が上がってきた、という感じと思われる。

5位は公道レースアニメ『MFゴースト』の情報記事。自動車系のアニメはこのところ系譜が途絶えていたが、満を持して『頭文字D』作者しげの秀一の新作アニメ化とあり、閲覧数を稼いだのかもしれない。
アニメージュプラスでは、キャラものでないミニカーの記事が、ランクインはしないまでもある程度人気があったりするので、潜在的に自動車好きが多い可能性はある。

4位、3位は『シン・ウルトラマン』含むウルトラ関係。集計タイミング的には『シン・ウルトラマン』公開直前なので、期待から関連項目も上昇した形だろう。

そして今回の1位は『機動警察パトレイバー 2 the Movie』に関する読み物記事。前回の別記事の2位に続いて、パトレイバーが根強い人気を見せつけた。

今回のランキングはいかがだっただろうか。では次回のランキングをお楽しみに。

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ