ABC-Z河合郁人、「第二の中居正広」目指して売り込み強化

アサジョ


 現在、バラエティ番組を中心に大活躍しているA.B.C.-Zの河合郁人。マニアックなジャニーズタレントのモノマネでブレイクし、多くの番組で起用されている。

「木村拓哉や松本潤などの細かすぎるモノマネが人気となり、ネタ番組などで重宝されています。トークもしっかりとできるので、イケメン枠というよりは普通に芸人枠で呼ぶことも多い存在です。番組の意図をしっかりと汲んで発言してくれるし、使い勝手が非常にいいことで知られています。イケメンなのに気取っていないことで好感度をあげ、女性ファンだけでなく男性からの評判もいいタレントです」(民放関係者)

そんな絶好調の河合に対して、ジャニーズ事務所は「第二の中居正広」を目指してほしいと期待しているという。

「国民的アイドルでありながら司会者としての地位を確立した中居が独立したことで、ジャニーズ事務所は次世代のMCができるタレントを育てたいと考えているようです。現在では、関ジャニ∞の村上信五が孤軍奮闘していますが、グループでの活動もあり仕事を今よりも広げられません。そこで、白羽の矢が立ったのが河合です。ジャニーズモノマネが注目されがちですが、MCとしてのポテンシャルも高い。ジュニア時代からお笑い担当を目指して努力を重ねて、臨機応変に対応できるスキルを身に着けてきました。トークをしっかりとまとめられる能力はバラエティ番組のプロデューサーからも一目置かれています」(前出・民放関係者)

さらに河合がすごいのは、ジャニーズタレントでありながらイジられることをOKにしている点だ。

「これまで中居や村上もそうですが、自分がイジられることを受け入れてきました。河合も、お笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基に似ていると番組でイジられても、チャンスだと仕事につなげていきました。ドッキリなども受けますし、ここ数年はバラエティで生きていくと腹を括った姿勢が感じられます。そういった男気にスタッフはもちろん、共演する芸人もしっかりと対応してくれています。また、ジャニーズ事務所の先輩が担当する番組に進行役で呼ばれることが多くなり、人気をどんどん拡大しています」(女性誌記者)

ジャニーズタレントにして、NGなしと言われる姿勢が現在の河合の活躍を支えているという。

「本人は事務所に対して、『マッパもOK』とNGなし宣言をしているようで、仕事ならば何でも受けると話しているとか。芸人顔負けのやる気を見せているのは、下積み時代が長くA.B.C-Zとしてメジャーデビューした後も後輩グループに抜かれていった屈辱を味わい続けてきたからです。ジャニーズモノマネでブレイクしたあたりから、周りのスタッフにもアイドルとして成功するのはあきらめたと話していたようです。ジャニーズ事務所も、今年はさらに司会業を中心にバラエティ番組の仕事を詰め込んでいくようです」(前出・民放関係者)

これまでのジャニーズアイドルにはない独自の路線を切り開いた河合。今後に期待したいところだ。

当記事はアサジョの提供記事です。