レズビアンがタチ・ネコを明かすタイミングは? マナーも聞いた

fumumu

LGBTQ(Iuliia Pilipeichenko/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
性的な話は非常にデリケートなものの、同性愛者の場合にタチ・ネコのポジション問題はかなり大切であることが多いです。

そこで、fumumu取材班はどのタイミングで明かすものか聞いてみました。

(1)信頼できる人間関係になったら


「個人的には自分のセクシャリティについて明かす相手は、レズビアン同士で、さらに相互に連絡先を知っているような信頼できる人間関係になったときがタイミングだと思います。

恋愛関係を求めているわけではない人に打ち明けても、相手もどうやって受け止めればいいか意味がわからないだろうし。

なぜ相手に明かすのか、明かさなければならないのかが明確になった時がそのタイミングじゃないかなと思います」(20代・女性)

関連記事:同性恋愛をする人が使う「ネコ」「タチ」「バリ」などの意味とは?

(2)恋愛の場で出会ったら


「人によって異なる部分ではあると思いますが、恋愛関係に発展することを視野に入れて出会った相手に対しては、比較的早い段階で明かすことが多いような気がします。例えば、恋活の集まりでは初めにオープンにすることも。

レズビアンの中には相手がタチかネコかによって恋愛関係に発展するか否かを判断する人もいるので、出会いの場においては『明かせるのであれば早目に』と考える人が多い傾向にあるのかもしれません。

とはいえ、明かしたがらない相手に強要することはもちろん、出会い頭にいきなり尋ねたりすることはマナー違反です」(20代・女性)

(3)聞かれたらというのも1つ


「場によってタイミングの善し悪しが違ってきます。例えば出会いの場(SNSでの恋人募集やシングルオフ会など)では、自己紹介の時点で伝えるのが確実です。

タチ・ネコ・リバは恋人募集ではかなり重要な項目なので、明かしていないと後々、勘違いやトラブルの原因になってしまうことも。

その反面、出会い目的や恋人募集でない場(LGBTセミナーや啓蒙イベントなど)で、いきなりセクを明かしてしまうと「出会い目的で来た」と思われる可能性もあります。

セクを明かすタイミングに迷った場合は『聞かれるまで言わない』のがおすすめです」(30代・女性)

あくまでも基本的には必要に迫られて話している話題です。「異性愛者が興味本位で聞く」というシチュエーションをよく耳にしますが、配慮できるといいですね。

・合わせて読みたい→同性愛者の「リードする・される」がない恋愛はどんな感じ? ビアンに聞いた

(文/fumumu編集部・Amy)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ