いじめのストレスで7歳から脱毛症に苦しむ少女 母親とともに最新治療に期待

しらべぇ




日本でもたびたび報じられるいじめの話題。「ちょっとふざけただけ」と言う加害者もいるが、被害者はいじめを苦に自殺してしまったり、脱毛を経験したりすることがある。

わずか7歳にして髪を失ってしまったというイギリスの少女の悲劇を、『Metro』や『Mirror』が報じた。

■泣きながら学校から帰宅


脱毛症を患っているのは、イギリスのウエスト・ヨークシャー州に住むボニー・プルマンちゃん(10)。3年前、7歳だったときに学校の同級生からいじめを受けた。

毎日泣きながら学校から帰ってくるボニーちゃんに、母親のウェンディーさん(34)はとても心を痛めていたが、同時に娘の頭皮から大量の髪の毛が抜け始めたことに気が付いたという。

関連記事:ダウン症の少女へのいじめを知った欧州大統領 手を引き一緒に登校する姿に称賛

■ストレスによる脱毛症と診断


ウェンディーさんは学校に相談し、事態の改善を求め、学校側も早急に対処した。するとボニーちゃんへのいじめはなくなったが、「再び始まるのでは」といった不安から、抜け毛が止まることはなかった。

次第に薄くなっていく頭髪を心配し、ウェンディーさんはボニーちゃんを連れて病院へ。医師からは「強いストレスからくる脱毛症」と診断されたという。

■休校中は髪の毛が復活するも…


ボニーちゃんは、抜け毛だけでなく食欲不振という問題も抱えていた。いじめは予想以上に大きな健康被害をもたらしていたのだ。

そんなある日、学校は新型コロナウイルスの影響で6ヶ月間の休校を決定。いじめから解放されたボニーちゃんの髪の毛はみるみる復活していったという。

しかし、学校が再開すると2週間もなく再び抜け毛が始まり、それ以来ボニーちゃんの頭は完全に髪の毛がない状態が続いている。

■最新治療に期待


ウェンディーさんはメディアの取材に「つらいのは、ボニーが私たち家族に『他の子はみんなかわいいのに、なんで私だけこんななの』と言ってくることです」と吐露した。

また「まずは自分たち大人が心を強く持たないと」「髪の毛がどうであろうと娘はとても美しい子です」とも語っている。

そして今、親子は最新技術を生かした脱毛症の治療に大きな期待を寄せている。5,000ポンド(日本円にして約80万円)かかるため、同州ハダースフィールドにある「ヨークシャー・ヘアクリニック」が、近いうちに資金集めのイベント開催を予定しているそうだ。

当記事はしらべぇの提供記事です。