インディアンス・きむ、ミキ・昴生に「兄弟で売れんのは無理」【アメトーーク!】

5月12日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)は「元々コンビを組んでた芸人」が大集合。4組が過去を語る。
インディアンスきむの相方田渕への深すぎる愛にスタジオはドン引き。芸人総立ちで大混乱に!?

田渕と昴生の「やぶれかぶれ」

インディアンス田渕とミキ昴生はかつて「やぶれかぶれ」というコンビを組んでいたという。
スタジオで並ぶ2人を見て「こんなうるさいコンビ、絶対売れへん」というアインシュタイン河井。
しかし、田渕は「今日の盛り上がり次第では、再結成もありうる」と意欲的だ。

そんな田渕を見守る相方のきむは「なんか変な気持ち。さっき、ゆずるさんに“このコンビ絶対売れない”って言われてめっちゃ嬉しかった」と複雑な胸の内を語る。

まるで恋愛トラブル?

「やぶれかぶれ」のVTRに大爆笑で盛り上がるスタジオ。
もともと「やぶれかぶれ」のファンだったという亜生は「この2人で絶対にお笑いで天下を取ると思ってた。2人が並んで座っているだけでうれしい。泣きそう」と大感激。

しかし、きむは「マジでイヤですね!」と険しい表情。「インディアンスが一時解散した隙に、田渕を昴生さんに取られた」と語る。

実は「やぶれかぶれ」結成にあたり、インディアンスが正式に解散する前に、昴生は田渕に声をかけていたそうで、きむは「なんか怪しかった。昴生さんが田渕に色仕掛けしてきたみたい」と語る。

正式に「やぶれかぶれ」を結成した夜にきむは河川敷に昴生を呼び出して号泣しながら「一発殴らせてくれ」と言ったという。

まるで恋愛トラブルの様相に、スタジオの芸人たちがざわつく。

きむの辛辣すぎる言葉にスタジオ騒然

結局「うるさすぎる」という理由で5か月ほどで解散した「やぶれかぶれ」。その後昴生は弟の亜生と「ミキ」を結成する。
結成直後に放たれた、きむの辛辣な言葉を亜生が苦々しく振り返った。

公園で兄弟でネタ合わせをしていると、きむが自転車で通りかかったという。
「兄弟でコンビを組むことになった」と挨拶する昴生に、きむは自転車から降りずに「え?兄弟でやるんスか?無理無理。兄弟で売れんのは無理やから、解散してもう一回NSCに入り直した方がいいですよ」と言い放ち去って行ったそう。

このエピソードにスタジオの芸人は騒然。錦鯉渡辺は「田渕!きむと解散しろ!」と叫んだ。

今、全員がお前のこと嫌いだぞ!

ミキの活躍を見るたびにイライラするというきむ。トークはさらに加速した。
「2018年のM1敗者復活戦で1位はミキさん、2位はプラスマイナスさんで上がったんですけど、プラスマイナスさんの方が断然ウケてましたからね。芸人はみんなそう思ってるはず」と発言。

これにはスタジオの芸人が総立ちでブーイング。
錦鯉渡辺は「おい、きむ!今、このスタジオ全員がお前のこと嫌いだぞ!」。さらにモンスターエンジン・西森も「俺、お前と組んでへんけど、解散しよう!」と叫び、スタジオは大混乱だった。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ