【ランキング調査】もう一度見たい原作コミック実写映画!1位はあの超大作

めるも編集部

株式会社LANYと株式会社ロビンソン・クルーソーが合同で「コミック原作の実写映画」に関するアンケート調査を実施。
最も票を集めた満足度の高い作品はどのようなコミックでしょうか?
1位から5位まで発表いたします!

5位 テルマエ・ロマエ(2012年・2014年 公開)

なんと言っても、主演に阿部寛を抜擢するなど日本でも屈指の顔の濃いキャスト陣を活かした配役が好評でした。

▪︎アンケート回答者からの意見

“日本を代表する濃い顔俳優が勢揃いで、特に北村一輝が美しい。日本のお風呂と古代ローマの大浴場という不思議なつながりは興味深いけれど、阿部寛のコミカルな演技は単純に楽しめる。上戸彩も初々しく透明感があってかわいい。”(40代女性)

“ローマ人の主人公に阿部寛さんがぴったりのハマり役で、原作ファンでも違和感なく楽しめました。舞台が日本の銭湯などだったこともあり、シチュエーションの再現にも無理がなかったです。コメディ要素のある作品は、役者さんの力で面白くなるので、また見て笑って楽しめるといいなと感じます。”(30代女性)

4位 キングダム(2019年・2022年 公開)

山﨑賢人が主演を演じる本作。原作ののイメージを壊さないストーリーで人気を集め、2022年には続編を公開予定です。

▪︎アンケート回答者からの意見

“それぞれのキャラククターにあった俳優陣が登場していて、とても記憶に残る傑作だと思います。橋本環奈の可愛さや、長澤まさみの華麗なるアクションに見せられました。またそれぞれの武将の凄まじいエネルギーと闘魂にも感動しました。”(60代男性)

“原作のイメージを壊す事なく、出演者の配役が全体的に良かったからです。あとは、日本映画特有の作り物感があまりなくて良かったと思います。このキャラクターにこの人を配役するんだなぁ、などまた違った視点でも楽しめる作品だと思いました。続編への期待値も高い作品です。”(30代女性)

3位 DEATH NOTE(2006年公開)

夜神月役の藤原竜也とL役の松山ケンイチの主演2人の演技が高く評価されています。

▪︎アンケート回答者からの意見

“キャストも合っていて、完成度が非常に高かったから。実写映画になって、原作漫画から改編されている部分についても、納得のいくものだったから。映画スピンオフの内容も面白く、シリーズを通して楽しめたのでもう一度見てみたいと思う。”(20代女性)

“天才同士の頭脳戦が常人には理解しがたいほどのスリリングな展開とラストが待ち受けており、ミステリーやサスペンス好きには面白かったです。さらに主演の藤原竜也と松山ケンイチの演技が素晴らしかったです。二人の演技によってよりストーリーに迫力が増して何度見ても手に汗を握り、特に原作とは違う終盤には思わずグッとくるものがありました。”(30代男性)

2位 銀魂(2017年・2018年 公開)

銀魂では「キャストの配役が良かった」という意見が寄せられており、主演の小栗旬をはじめ、キャストが全力でギャグをしているのも好感!

▪︎アンケート回答者からの意見

“実写化は難しいのではないかと思われるような独特の世界観、下劣なギャグ、戦闘シーン、キャラが見事に忠実に再現されていた。違和感のある映画オリジナルなども少なく、無駄に凝ったキャスト設定などは原作ファンとしてはとても嬉しかった。”(20代女性)

“予想をはるかに超えるいい出来だった。人気の俳優を揃えただけだと思っていたが、きっちりと原作の雰囲気を再現しており、出演者もみんな体当たりで演じてくれていて役にハマっていたと思う。映画館でお腹が痛くなるほど笑ったのは初めて。”(30代女性)

1位 るろうに剣心(2012年・2014年・2021年 公開)

1位は、主演を佐藤健が演じ話題となった『るろうに剣心』でした。
映画シリーズは計5作あり、迫力あるアクションシーンが非常に好評。
中でも殺陣のシーンは必見という声が多く集まりました。

▪︎アンケート回答者からの意見

“世界観がすごく良いなと思ったのと、映像の質感が原作に近くて映像に没頭できる感覚があった。演者のキャラクター作りもとてもすばらしくて、見た目も演技も原作そのもののようで、見ていておもしろいとおもった。殺陣やカメラワークもすごくて感動したから。”(20代女性)

“漫画が原作の実写映画は数あれど、あれほど原作をリスペクトしつつ実写描写にも拘った映画はないと思ったため。佐藤健の体格、演技が渋く、実写化されるとありがちなチープな印象が全く感じられなかった。人気漫画の実写化は大抵有名俳優だけ使って原作へのリスペクトが感じられないものも多いと感じるが、るろうに剣心は剣心や斎藤一の実写完成度が高くシリーズ通して満足できたから。”(30代女性)

“佐藤健くんの演じる姿が、凄く圧倒されました。クールな役が多かったのに、時代劇がとても似合っていました。原作から飛び出してきたと思えるほど、そっくりだし、殺陣も凄まじく、俳優さんだから、スタントを使うかと思ってたら、全て自分で演じられていて素晴らしい俳優さんだと思いました。出演者全員のアクションが良くて、原作に負けないストーリーになっているのも魅力的です。明治がどんな時代だったかよくわかる作品になっています。”(40代女性)

今回の実写映画作品の中には、VODサービスにて視聴可能な作品もございます!
ぜひこの機会にもう一度見返してみてはいかがでしょうか。

<調査概要>
・調査方法:インターネットによるアンケート
・調査対象:10~70代の男女259人
・男女比率:男性34.7%、女性63.7%、その他1.5%
・調査期間:2022年4月19日~4月20日

【出典元】
企業プレスリリース詳細
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000062.000071062.html
PRTIMESトップへ
https://prtimes.jp/