頑固な“お腹の贅肉”を落とすなら◎ 1日1分【腰周りをサイズダウンさせる】簡単習慣

beauty news tokyo


薄着の季節は自分の体のラインを意識する場面が増えますが、必ず気になるのがお腹周りでしょう。でも、何かと対応が後回しになっていませんか? そんなお腹周りの贅肉の悩みを引きずらないためにも習慣に採り入れたいのがヨガの簡単ポーズ【サイド・アングル】。股関節の柔軟性を高めることにもつながるので、下半身の引き締めや姿勢の改善にもつながります。

サイド・アングル


体側を大きく伸ばすことで腰周りについた頑固な贅肉を引き締めていくポーズです。



(1)四つん這いになって足の裏を床につけた状態で骨盤を上げ、頭を二の腕の間に入れて背筋を真っ直ぐキープする(ダウンドッグ)

(2)片方の脚を大きく前に出し、つま先を90度外側へ向けてからひざを曲げ、上半身を起こして両腕を肩の高さで一直線に広げる(英雄のポーズ)

(3)片方の腕のひじを前脚にかけ、もう片方の腕を回転させるように斜め上方向に真っ直ぐ伸ばしてゆっくり3呼吸(約30秒間)キープする

続けて、前に出す脚を変えて反対側も同様に行います。なお、期待する効果をきちんと得るためには「常に背筋を真っ直ぐにキープしておくこと」がポイント。実践中に背中が丸まった状態にならないように注意しましょう。また、慣れてきたら上半身をさらに深く倒すようにすると、より引き締め効果が高まります。

手順を追っていくだけで「ダウン・ドッグ」と「英雄のポーズ」というヨガの基本ポーズが行える優秀ポーズなので、各ポーズになった段階でゆっくり3呼吸(約30秒間)ポーズをキープしながら行うのもおすすめ。ぜひ習慣化して、お腹周りの頑固な贅肉をスッキリ引き締めていきましょうね。<ヨガ監修:YUKIE(インストラクター歴4年)>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ