どうして否定ばかり? 他人の生き方を非難する人の3つの特徴

fumumu

否定(yourstockbank/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
他人の人生や選択に対して、文句ばかり言う人。「そこまで否定しなくても…」と、微妙な気持ちになった経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

どうして、人の生き方を否定せずにいられないのでしょうか?

fumumu取材班が、他人の人生を認めない人の特徴を聞いてきました。

(1)確認作業がしたい


「他人の人生を否定して、自分の人生を肯定したい人もいますよ。自分の選択に自信がないと、人と比べて『あの人よりはマシ』と思いたいんでしょうね。

仕事をバリバリしている人に『仕事ばかりしてつまらなそう』と言う人は、自分の仕事が楽しいと思えていないのかも。自分の結婚生活に不満がある人は、未婚の人に『結婚してこそ一人前』とか言うし。

反対に、未婚で焦っていると既婚の人に『ひとりのほうが楽しいのに』と言うとか。自分とは違う人生を否定して、自分の人生は正しい! と証明したいんだと思います」(30代・女性)

関連記事:「あの人、人生充実してそう…」 生き方が上手な人の3つの特徴

(2)嫉妬している


「自分の生活に満足していないときは、つい他人の粗探しをしてしまうことがあります。例えば、自分はお金を自由に使えないのに、好きなものをたくさん買っている人を見たらやっぱりイラッとするし。

本音は『好きに買い物ができてうらやましい!』なのに、『物ばかり買って、逆に虚しくない?』と心の中で馬鹿にしてしまうとか…自分の嫉妬心に気づかずに暴走してしまうと、他人に対して実際に言葉で攻撃してしまうんじゃないでしょうか。

相手に対して嫉妬の気持ちがなければ、あまり気にならずに、人のことなんてスルーできると思いますしね」(20代・女性)

(3)視野が狭い


「私の両親は、自分の常識の外にいる人は認められないみたいです。会社員ではなくフリーで働くとか、あえて結婚しないとか、結婚してもお互いの同意のもとで子どもを持たないとか、そういう自分とは違う選択を理解できないみたいで。

よくワイドショーを見ながらブツブツ文句を言っていますよ。聞いていると、本当に狭い範囲しか知らないんだなぁと感じます。

自分と似ている人生の人しか周りにいないから、多様な生き方があることが信じられないんでしょうね。もっと広い視野で見たら、人間関係も広がるのにと感じます」(20代・女性)

人の人生を下に見て『自分は大丈夫だ!』と安心するのは、結局のところ自分のためになっていないように思います。

周囲と比較せずに自分の人生を認められたら、周りがどう生きようと気にならなくなるのかもしれないですね。

・合わせて読みたい→どんどん不幸になってしまう… もったいない人生を送っている人の特徴

(文/fumumu編集部・nana)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ