1日1セットの実践で脱下半身デブ。続けるほど【太もも&ふくらはぎの巡り高まる】簡単習慣

beauty news tokyo


ダイエットを頑張っていても「なかなか下半身が痩せない…」とお悩みの方は少なくないと思います。そんな下半身デブの状態から抜け出すためには“太ももやふくらはぎの巡りを高めること”が大切。そこで習慣に採り入れたいのがヨガの簡単ポーズ【アンジャネーヤアーサナ】です。

アンジャネーヤアーサナ


下半身痩せの鍵と言われる骨盤周りや股関節周りを整えるポーズです。下半身やお腹周りの引き締めに満遍なくアプローチできます。



(1)ひざ立ちの状態から片脚を大きく前に出し、前に出した脚のひざを直角に曲げる ※骨盤は低め位置にキープします

(2)そのまま両腕を上げて後ろに背中を反らし、ゆっくり3~5呼吸(約30秒間)キープし、その後(1)の姿勢に戻る ※背中を反らすときは、胸を開いて骨盤を前に押し出すイメージです

脚を変えて反対側も同様に実践します。なお、期待した効果をきちんと得るためには、背中を後ろに反らした時に「胸を開いて骨盤を前に押し出すこと」がポイント。また、前に出す脚の位置が手前すぎると姿勢が崩れて効果を発揮しないので注意しましょう。

リラックス効果も高い【アンジャネーヤアーサナ】は就寝前などのくつろぎ時間に実践するのがおすすめ。続けるほどお腹周りや下半身の柔軟性も増していきます。スッキリ印象の下半身とメリハリ感じるウエスト周りをキープしていくためにも、ぜひ習慣化してみてくださいね。<ヨガ監修:TOMOMI(インストラクター歴3年)>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ