広瀬アリス、大倉忠義に松本まりかまで…芸能界「休業宣言ブーム」の舞台裏

アサ芸プラス


 広瀬アリスが休業宣言をしたと思ったら、広瀬と交際を報じられている「関ジャニ∞」の大倉忠義も活動休止を発表した。それぞれ体調不良が原因だとしているが、他にも松本まりかが、自身のInstagramで長期休暇を宣言。

ここにきて、売れっ子タレントや俳優たちが休むことを選択する、いわゆる 「休業宣言」が相次いでいる。今年初め、菅田将暉が俳優業を休業中であることを番組で明かして話題になったが、かつては体調不良を隠しても、休業宣言などしないのが芸能界の主流だった。

俳優やタレントを25年追いかけている芸能ライターが嘆く。

「昔は芸能界での『休業』など許されなかったんです。寝る暇もなく働いても、どんなに疲弊していても、選択肢がなかった。長期に休むことはイコール、半ば引退するのと同じ。それが当たり前の時代だったので、大抵の芸能人はコッソリ、仕事のペースを落とすことで休んでいたんです。でも、今は世の中がお休みモードというか、コロナ禍によって休むことが善みたいなイメージがあるでしょう。きっと芸能人も休むなら今、と思っているのかもしれません。とはいえ、菅田将暉に関しては、俳優業を休業中であることをバラエティー番組で明かす、という不思議さはありましたよね。えっ、どこが休んでるの!?と(笑)」

これからは「一部休業宣言」も多く見受けられる時代に突入しそうだ。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。