フット後藤、コンビ結成時の苦悩「岩尾の方が下手」【おしゃれクリップ】

MCの山崎育三郎と井桁弘恵がゲストの「私の中の、もうひとりのワタシ。」に迫るトークバラエティ『おしゃれクリップ』(日本テレビ系列)。5月8日放送のゲストにフットボールアワー・後藤輝基が登場し、コンビ結成時の苦労を明かした。

フットボールアワー結成でボケからツッコミへ転身

キレのあるツッコミで数多くの番組のMCを務める後藤だが、芸人を始めた当初はボケ担当。ずっとボケをやっていくつもりだったというが「なかなか上手いこといかんし…どうしたもんかな~とは思っていました」と苦悩を明かす。

同期のロッチ・コカドから証言VTRが届き、養成所時代の後藤は尖っていたと暴露。さらに「岩尾がとんでもなかった。岩尾を初めて見て『もうお笑い無理かも』と思ったくらい。『ダウンタウンさん以外にもこんな面白い人いるんや』って思いました」。「(養成所の中では)1番面白い2人が組んだなって思いました」とフットボールアワー結成の衝撃を語る。

後藤は岩尾を生かすために“ツッコミ”にまわり、ぎこちないツッコミから「あのツッコミの上手さまでいった」「才能でパッとできたわけじゃない」「だいぶ努力もあったと思います」と後藤の努力を身近で見てきたコカドは、後藤のツッコミを絶賛した。

フットボールアワーを結成し、ボケからツッコミに転身した後藤。コンビ結成当初は慣れないツッコミに岩尾から「あかんあかん。古いツッコミになってるからほんまにあかんわ」などとダメ出しされ、ネタ合わせが最後まで進まなかったと明かす。「もう分からん!1回お手本見せてくれ」と岩尾にツッコミをさせたというが…「岩尾の方が下手やったんですよ。それから岩尾があまり何も言わなくなった」と笑いを誘い、笑い声に包まれるスタジオだった。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ