細谷佳正、内山昂輝に松岡充も登場!『風都探偵』配信記念イベント

2022年8月1日から「U-NEXT」で独占配信、2022年8月8日からTOKYO MXで放送開始予定となっている、『仮面ライダーW』の正統続編アニメ『風都探偵』。2022年5月3日に開催された同作の配信記念イベント「『風都探偵』ザ・ファーストケース」のオフィシャルレポートが到着した。

『風都探偵』は『仮面ライダーW(ダブル)』の正統続編であるマンガ作品。
青年マンガ誌連載作品として始めるという意向のもとにタイトルにはあえて「仮面ライダーW」を入れず、特撮ファン以外も巻き込む大人のストーリーが展開される。
”バディ探偵” 左翔太郎とフィリップとおなじみのメンバーに加え、謎の美女「ときめ」が加わり、風の街「風都」で巻き起こる新たな怪事件に立ち向かう仮面ライダーWの活躍が描かれる。

「『風都探偵』ザ・ファーストケース」は、2022年5月3日(祝・火)19:00からグランドプリンスホテル新高輪で開催された、『風都探偵』の配信記念イベント。
イベントでは同作の豪華声優陣やスタッフが登場。細谷佳正(左翔太郎役)、内山昂輝(フィリップ役)、関根明良(ときめ役)によるスペシャルトークなどが繰り広げられた。
さらに会場では本作の主題歌が発表され、吉川晃司、松岡充の特別コメントが到着するとともに、イベント終盤では、なんと松岡充がサプライズゲストとして登場したとのこと。

イベントのオープニングを収録したアーカイブ映像もYoutubeで公開されている。

アニメ『風都探偵』は2022年8月1日から「U-NEXT」で独占配信、2022年8月8日からTOKYO MXで放送を開始予定だ。

>>>「『風都探偵』ザ・ファーストケース」ステージの様子を見る(画像4点)

(C)2022「風都探偵」製作委員会

開始早々会場が暗転し、仮面ライダーW サイクロンジョーカーをはじめとするハーフチェンジ9形態が揃い踏みで登場! スタイリッシュな演舞とともにイベントがスタート。
今回のMCは『仮面ライダーW』でリリィ白銀役を演じた長澤奈央が担当。白いスーツに身を包み、リリィ白銀となってイベントを進行した。
リリィの「『風都探偵』アニメ化の発表以降、全国の皆さんからアニメ化に関する様々な依頼が届いているんです……。今回は風都探偵の秘密を握っている重要参考人の方々を呼び出しました!」という言葉とともに、『風都探偵』のメインキャストである細谷佳正(左翔太郎役)、内山昂輝(フィリップ役)、関根明良(ときめ役)が登場! 会場は大きな拍手に包まれた。
そしてリリィが「実は私リリィ白銀、独自のルートで新情報を手に入れました! ご覧ください!」と発表すると、大スクリーンには初公開となる『風都探偵』のキービジュアル、さらに配信開始日時が映し出された!

イベント内で上映されるアニメ第一話の話題に移ると、内山は「盛りだくさんの内容で、いろんな要素があって、あっという間に終わってしまいます」とコメント。細谷は「翔太郎のハットがいい感じでハードボイルド(笑)」と話した。
また続けて、風都探偵の主題歌情報が解禁。主題歌の作曲を担当した吉川晃司と作詞・ボーカルの松岡充という『仮面ライダーW』とは関係の深い二人の発表に、会場では思わず「おおー!」という驚きの声が漏れた。さらに二人からの熱い動画コメントに、会場は聞き入った様子。
主題歌を聞いたキャストがそれぞれのコメントを語り、中でも関根は「聞いた瞬間すごいかっこよくって、大人っぽい曲だなぁと思いました。まるでおしゃれなバーでグラスを手にするハードボイルドな男性が目に浮かぶような。でもポップな部分が翔太郎っぽくて、風都探偵を感じられる楽しい曲だなぁと思いました」とコメント。
さらにここでインストゥルメンタルユニット「Big Gadgets ft.上木彩矢 w TAKUYA」によるオープニングテーマ『Private Eye』の情報も解禁されたことで、会場では第一話上映への期待感がますます高まっていった。

第一話の上映を終えると、会場では余韻を噛み締めるように頷いている方もいるなど、作品の仕上がりに満足しているファンの方も多い様子。
そんな中、リリィからの「風都探偵の鍵を握る怪しい人物を見つけました!」という報告を受け、本作スタッフである脚本の三条陸、監督の椛島洋介、小学館・編集者の有井大志が登場!

特撮ドラマがなぜ漫画になったのかという話題では、漫画『風都探偵』の企画の誕生秘話や漫画化に込めた想いを、またドラマと漫画の違いについては、白黒で描かれる漫画でのフォームチェンジの苦労などが語られた。
なかでもアニメ化にあたってのポイントの話題で、椛島監督は「あくまでも『仮面ライダーW』になぞってつくりながら、実写ではできないこと、アニメだからやる意味があることをやりたいと思った」と話した。
そうしたスタッフトークのなか、細谷、内山、関根も合流。キャストとスタッフが一緒になり、ときめのオーディションでは満場一致で決定した話や、改めて各キャラクターを演じる3人がいかに適役だったのかという話題で盛り上がった。

ここで再びステージにはキャストの3人が残り、風都探偵の魅力や役作りのこだわり、アフレコでのエピソードを披露。なかでも風都探偵の魅力、キャラクターの役作りについて内山は、「探偵としてのミステリーの要素や、ときめみたいな謎の多いキャラクターがいて、謎が謎を呼ぶ展開がとても魅力的ですね。実写、漫画とすでに多くのファンの方々がいる中で演じる難しさはありましたね。特に実写では当時の菅田将輝さんの魅力が存分に発揮されたフィリップだったので、そこに合わせていくのではなくフィリップそのもののキャラクターの魅力を自分なりに考えて取り組むようにしましたね」と語った。
また細谷んは翔太郎の役作りについて、「僕の中の翔太郎は1人で ”ハードボイルドな探偵ごっこをしている探偵” です」と表現。自分の理想の姿になろうとしているキャラクターに理解できる部分があると語った。

また関根が「ミステリアスってなんだって悩みました。でも監督から関根さんがときめでよかったですと言っていただいたことで、それが自信になりました。ミステリアスってなんだって悩む姿もまたミステリアスなんだということで(笑)」と語ると会場では笑いが起こった。
最後にキャストからファンの方にむけたメッセージでは、関根は「仮面ライダー初のシリーズアニメ化作品という、記念すべき作品に参加できて光栄なことだと思っています。放送もお楽しみいただけたらと思います」とコメント。
内山は「バトルアクションが面白いのと、見ていくと次から次へ違う面白さが現れてくる作品です。配信・放送ともに楽しんでください」とコメント。
細谷は「僕は、この作品に関われてずっと楽しかったんですよ。『風都探偵』の『風』からイメージされるような軽やかな雰囲気と、演者が楽しんでやっているエネルギーが観てくれる人たちに伝わっていくだろうと思いました。この作品を観ると、かっこいいな、おもしろいな、だけじゃなくて楽しい気持ちになってもらえると思います。その『楽しさ』のエネルギーをたくさんの人達と共有できたら嬉しいです」という言葉で締めくくった。

3人のメッセージで会場全体が和やかな雰囲気に包まれ、ここでイベントも終了かと思いきや……「あのーすみません! こちらで風都探偵の声優オーディションをやっていると聞いたんですが」と謎の男性が登場! 会場からは「えぇー!」というどよめきの声と、大きな拍手が上がり会場が再び笑顔に。登場したのは主題歌を歌う松岡充。「主題歌聞いてくれたんですね! どうでした!?」という松岡さんの投げかけに会場は拍手喝采。さらに楽曲制作の際の吉川晃司とのエピソードなどを披露。
そんな松岡が、風都探偵の魅力について、「実写から漫画になり、さらにアニメーションになり、制作スタッフの皆さん、そしてファンの皆さんが『W』という作品を愛し続けてくれているからだと思います」とコメント。ファンの方に向け、「主題歌を務めることは僕の本望でした。しかも尊敬するアーティスト吉川晃司さんとコラボレーションができるなんて。風都探偵を通じて、皆さんにいろんな世界に出会って頂ければすごく嬉しいです」と熱いメッセージでイベントを締め括った。松岡の登場によって会場が再び明るい雰囲気に包まれ、さらにアニメ配信への期待感をにじませながらイベントは幕を下ろした。

(C)2022「風都探偵」製作委員会

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ