プチプラ【カラーマスカラ】を徹底比較!「本当に使えるオススメ3選」(オレンジ・カーキ・ラメ入り♪)

ウレぴあ総研

コロナ禍が続き、マスク生活が当たり前になりつつありますね。チークやリップをしてもマスクで隠れてしまったり、色が映ってしまったり…。

マスクありきのメイクをしている人も多いのではないでしょうか。マスクをしていても自分らしいメイクがしたいですよね。

そんな方におすすめしたいのが目元を華やかにしてくれるカラーマスカラ! いろいろなコスメブランドから続々とカラーマスカラが発売されています。

今回は、試しやすい2000円以下のカラーマスカラをご紹介します。ドラックストアなどで購入できるので、気になった方はぜひ挑戦してみてくださいね。

■プチプラの王道CANMAKEもカラーマスカラが登場!

■キャンメイク クイックラッシュカーラー BO:748円(税込)

まずは、「こんなのが欲しかった~!」というようなピンポイントの商品を生み出し続けているプチプラコスメの大定番「CANMAKE(キャンメイク)」の商品です。

高品質ながらも手に取りやすい価格帯なので、ほとんどの人が1度は使ったことがあるコスメブランドなのではないでしょうか。

現在販売されている5種類の中から今回は、夏に向けてぴったりな色「ベイクドオレンジ」をご紹介します。

カラーはオレンジ味がかったブラウンで、塗ると目元に存在感と明るさを生み出し、可愛らしい印象に仕上げてくれます。

こちらは「マスカラ下地」「ウォータープルーフマスカラ」「トップコート」と、1本で3役の優れもの! マスクをしていると、隙間から出る湿気でしっかり上げたまつげも下がってきてしまいますよね。

でも、「マスカラ下地」と「ウォータープルーフマスカラ」の役目を果たしてくれるので、上向きカールを長時間キープしてくれます。

さらには、マスカラの繊維落ちやパンダ目の原因、にじみもブロックしてくれる「トップコート」として使うことも。

また、コームにも秘密があります! まつげを根元からきれいにセパレートしてくれる「ロング面」と下向きまつげや短いまつげをしっかりとキャッチしてカールアップしてくれる「ショート面」のダブルコームなんです。

忙しい朝など、わざわざコームを使い分ける必要がないのも魅力の一つです。

■天然のミネラル入りで塗るたびにまつげのケアができる

■UZU MOTE MASCARA KHAKI:1,980円(税込)

つづいては、マスカラやアイライナーなどロングセラー商品を数多く手がけている「FLOWFUSHI(フローフシ)」のブランド「UZU(ウズ)」の商品。

カラーアイライナーや絶妙な色合いのリップなどを発売し、新作コスメは毎回SNSなどで話題になるコスメブランドです。

全5色ある豊富なカラーの中から今回は、洗練されたスタイリッシュな印象を与えてくれる「カーキ」をご紹介します。

ブラックでもなくグリーンでもない、絶妙なカラーで目元を優しい雰囲気にしてくれます。

色の専門家である調色師と共に生み出したという色味はかなり発色が良く、しっかりと黒いまつげに色味を付けられます。

ウォータープルーフのマスカラ液には数種のワックスを独自にブレンドしており、水や湿気、皮脂等にも強く落とすまでにじみません。

ウォータープルーフと聞くと「オフするのが面倒…」と思いがちですが、ぬるま湯でスルンッと簡単にオフできます!

また、メイクによる摩擦やアイラッシュカーラーによるまつげへのダメージが気になっている人にも朗報!

こちらのマスカラ液には「FLOWFUSHI 史上最高純度の天然ミネラル成分」が配合されており、塗るたびにまつげをケアしてくれ、まつげにハリ・コシを与えてくれます。メイクをしながらまつげケアができるのはうれしいですね。

■ラメが入ったマスカラもあるんです!

■ZEESEA ダイヤモンドカラーマスカラ 銀色ダイヤ:1,969円(税込)

3つ目は、中国発のアートメイクブランドの「ZEESEA(ズーシー)」の商品です。

ピカソとコラボしたパッケージやくるみ割り人形シリーズなど、オリジナリティ溢れる可愛らしいパッケージや独特な世界観、他にないカラーバリエーションなどが人気のコスメブランドです。

今回は、ライブやイベントなど華やかなシーンで使いたい「銀色ダイヤ」をご紹介します。

こちらは、マスカラ自体にキラキラとしたラメが入っているので、目元をより輝かせたい!アイシャドウのラメじゃ物足りない!という人におすすめです。

ラメ入りと聞くと、マスカラが乾くまで時間がかかるというイメージがありますが、こちらは速乾性に優れているので乾くのを待つことがありません! なので、目元ににじむこともなく、すぐ次のメイク工程に進むことができます。

また、コームのヘッドが小さいので、目頭などの細かなところまで、ラメを塗ることができるのもうれしいポイント。

一回で付く色が薄めなので、調節しながら自分だけの色合いを作ることもできます。単色でまつげに塗ると大粒のラメがキラキラと輝き、まるで瞳がうるんでいるかのような仕上がりに。

より個性を出したいという人は自分の持っているカラーマスカラや同シリーズの「ブルーアッシュ」や「ワイルドベリー」などと重ねて使ってみるのもおすすめですよ。



今回はドラックストアなどで購入できる、2,000円以下のプチプラカラーマスカラをご紹介しました。いつものメイクに変化を付けたい人やカラーメイクに挑戦したい人などは、ぜひ手に取ってみてくださいね。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ