長谷川京子“整形キャラ”に挑戦!『やんごとなき一族』に「オファーした勇気」

まいじつ

長谷川京子 
長谷川京子 (C)まいじつ 

5月5日、土屋太鳳主演のドラマ『やんごとなき一族』(フジテレビ系)の第3話が放送された。衝撃の次回予告が、ネット上を騒然とさせている。

主人公の篠原佐都(土屋)は、母の良恵(石野真子)と2人で下町の大衆食堂『まんぷく屋』を切り盛りしていた。

ある日、佐都はかねてより交際してきた深山健太(松下洸平)にプロポーズされ、それを受け入れる。

しかし実は健太は、江戸時代から400年以上続く名家で、莫大な資産を有する一族の次男と判明。庶民の家庭から上流社会の一族に嫁ぐことになった佐都は、理不尽な一族のしきたりや親族内の複雑な人間関係に、翻弄されながらも夫と共に真正面から立ち向かっていくことになる。

第3話放送後に流れた次回予告には、長谷川京子が出演。演じているのは、年齢、国籍、さらには性別までも不詳の通称〝マダムキリコ〟。上流社会で生きるキリコは、〝キリコベイビーズ〟と呼ばれる若い男性をはべらせているという話を始め、さまざまな噂が飛び交うなど、その素顔はベールに包まれているという。予告映像では、長谷川の入浴シーン、そして太鳳とのキスシーンも映し出されていた。


自分そっくり? 長谷川京子の演じるキャラ


「マダムキリコは原作でも破壊力抜群のキャラクター。性格ももちろんですが、見た目のインパクトが絶大。整形を繰り返したかのようなアンチエイジングぶりと唇オバケがチャームポイントです」(芸能記者)

そんなマダムキリコを、ここ数年、唇がどんどん膨れ上がっていると評判の長谷川が演じることに対して、

《長谷川京子、振り切ってていいな。マダムキリコ似合いすぎだろ》
《ぶっ飛んだキャラだけど、ハマり役な気がするw》
《マダムキリコ役をハセキョーにオファーしたフジの勇気》
《原作だと整形オバケのおばあちゃんだよね》
《これ受けたハセキョン、凄いな。見直した》

といった声が上がっている。

私生活で昨年に離婚したこともあり、色々と吹っ切れたのだろうか。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ