金ロー『ローマの休日』“鬼滅声優”起用に大ブーイング! 今週のテレビ事件簿ランキング

まいじつ


(C)amesto / Shutterstock 

今週もさまざまなバラエティ番組やCMが話題となったテレビ業界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも注目された、バラエティ番組やCMのランキングと記事をご紹介します(5/5配信まで、独自ポイントで集計)。

1位 鬼滅声優 : 金ロー『ローマの休日』“鬼滅声優”起用が大ブーイング!「字幕で見る」 698pt.

金ロー『ローマの休日』“鬼滅声優”起用が大ブーイング!「字幕で見る」



2位 ラヴィット : 『ラヴィット』芸人の内輪ノリにドン引き…喜ぶのは“自称お笑い通”だけ!? 118pt.

『ラヴィット』芸人の内輪ノリにドン引き…喜ぶのは“自称お笑い通”だけ!?



3位 イッテQ : 『イッテQ!』でもセクハラ横行!? 視聴者ドン引きの“性加害”エピソード 83pt.

『イッテQ!』でもセクハラ横行!? 視聴者ドン引きの“性加害”エピソード



4位 ワイドナショー : 『ワイドナショー』打ち切り危機? 松本人志の不在で視聴者激減「つまらん」 54pt.

『ワイドナショー』打ち切り危機? 松本人志の不在で視聴者激減「つまらん」



5位 スカッとジャパン : 『スカッとジャパン』後番組がクソ過ぎる? 早期打ち切りも視野に… 47pt.

『スカッとジャパン』後番組がクソ過ぎる? 早期打ち切りも視野に…


『ラヴィット』芸人の内輪ノリにドン引き


今週もっとも衝撃的だったのは、『金曜ロードショー』(日本テレビ系)にまつわる話題。伝説的名優のオードリー・ヘプバーン主演の映画『ローマの休日』のデジタルリマスター版が5月13日の『金曜ロードショー』で放送されると発表されました。しかし、吹き替え声優が変更になったことに、ネット上では不満の声が上がっています。

アン役は、メガヒット作品『鬼滅の刃』の胡蝶しのぶ役として有名な大人気声優・早見沙織が務めることに。またジョー役には、同じく「鬼滅」声優の浪川大輔が抜擢されるなど、キャストを一新しての放送となったのです。

新たな「ローマの休日」が楽しめるということで、声優オタクからは歓喜の声が続出。しかし早見を始めとしたアニメ声優の起用は、オタク以外の一般視聴者からは受け入れられなかった模様。作品の雰囲気が変わることから、ネット上では、

《声優変えるべきじゃなかった》
《元の吹き替えのままリマスターで流せばいいのに…オードリーは池田昌子さんがいい》
《胡蝶しのぶの声にしか聞こえないから絶対に嫌》
《なにこのアニオタ向けキャスティング。字幕で見るわ》
《絶対に見ます! 字幕で!》
《人気の声優を使えば良いってもんじゃない》
《池田さんの品のある感じ良かったけど若い声優さんでできるかな…グレゴリーペックもイケボの浪川さんは違うな…》

などといった酷評が殺到しています。

続いては『ラヴィット!』(TBS系)にまつわる話題。「即打ち切り」「低視聴率」などと揶揄された放送当初から早1年、今やすっかり人気番組として定着した『ラヴィット!』。一方、人気の上昇に伴って、番組の〝悪ノリ〟〝暴走〟が目に余るようになっているのです。

「はっきり言って、『ラヴィット!』は飲み会のノリを朝から流しているような地上波イチくだらない番組。内輪ノリと悪ノリが主で、コアな支持層は、ニチャニチャした笑顔で楽しむ〝自称お笑い通〟のエセ玄人ばかり。毎朝ツイッタートレンドを汚染するのも迷惑極まりない。そしてこの強い不快感をもよおす内輪ノリの根源は、番組の吉本支配。MCの川島を始め、『EXIT』『ロバート』『ぼる塾』『ミキ』など、レギュラー21組中、実に半数以上の11組が吉本芸人となっています」(テレビ雑誌編集)

苦しい出だしから一転、今はある程度好評を博し、制作側も調子に乗って悪ふざけを連発しているようですね。

果たして、来週はどんな事件が起こるのでしょうか。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ