テレビスタッフが「いま最も仕事をしたい」というジャニーズタレントとは?

アサジョ


 ジャニーズ事務所のアイドルグループであるSixTONESのメンバーとしてだけでなく、ソロとしてもバラエティ番組などに引っ張りだこなのがジェシーだ。アイドルらしからぬトーク力を武器に多くの番組で活躍している。

「ジェシーはお笑いの理解度が高く、その番組に合わせたトークを展開することができます。大物にも物怖じすることがない性格なので、番組で共演した所ジョージや、ダウンタウンの浜田雅功とも仲良し。2人ともジェシーを気に入っていて、自分の番組でゲストに呼んでほしいとリクエストを出すほどだそうです。また、礼儀正しくADやディレクターなどのスタッフともすぐに仲良くなり、ジェシーがいると収録現場が明るくなる。今、テレビスタッフの間でもっとも仕事をしたいのがジェシーだそうです」(民放関係者)

そんなジェシーのお笑いの才能を開花させたのは、親友と言われる人気芸人だという。

「ジェシーは霜降り明星のせいやと仲が良く、頻繁に自宅を行き来しているのだとか。ジェシーはモノマネが得意ですが、せいやに指導されてレパートリーを増やしているそうで、せいやと一緒にコントやバラエティ番組を見て、間のとり方やツッコミを研究しているようです。ジェシーもせいやも人を傷つけるようなお笑いが嫌いなので、そういったところでも2人はわかりあえているようです」(芸能ライター)

ジェシーのお笑いタレントとしての実力はぐんぐん上がり、いまや本家の芸人たちにも一目置かれる存在だとか。

「VTRに対してのコメントの正確さや、ツッコミのワードなどにキラリと光るセンスを持っています。芸人たちもジェシーをアイドルではなく芸人として認識して、一緒に笑いを作り上げるように協力しあっています。また、番組制作サイドとしてもジェシーは救世主のような存在。あのカッコいいビジュアルでダンスも踊れて華がある。体を張った企画もOKなので、さまざまな場面で使い勝手がいい。若い世代に大人気のSixTONESのメンバーということもあり、テレビ局が欲しいコア視聴率も獲得することができるタレントとしてスケジュールの取り合いが起きています。

ジェシーもお笑いの仕事にはやりがいを感じ、今後は様々な売り込みをジャニーズ事務所も行うつもりだとか。抜群の歌唱力を持っているので歌モノ系やモノマネ番組にも興味を示しているという。また、実は空手の実力者としても知られ、抜群の運動神経を活かせるスポーツ系の番組からもオファーがあるとも。ジャニーズ事務所もジェシーのソロとしてのギャラは安めに設定して、さまざまな番組に出演させる方針でいるようです」(前出・民放関係者)

今年は、ジェシーがソロとしても大ブレイクする年になりそうだ。

(渡邊伸明)

当記事はアサジョの提供記事です。