レズビアンがやりがち? 「友達と距離が近い」と思われた経験

fumumu

LGBT(Iryna Imago/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
レズビアンの人は女性の恋人とスキンシップをとるからか、友達と距離が近くなることも。fumumu取材班は経験談を聞いてみました。

(1)さみしいと腕にくっついちゃう


「さみしい時とか不安な時に、女の子の腕にぴとっとくっつきたくなります。女友達で心を許してる子には良くしてしまうので、実際に『近い!』っていわれてしまったことも…。

多分、普通の女友達同士よりも、距離感がちょっと近いですし、スキンシップ? ボディタッチも多いのでないかと思います。さらに、男性には全くしないので、そのせいで女の子対しては多いのが目立っちゃうのかもしれません」(20代・女性)

関連記事:「男役はどっちって聞かれるけれど…」 女性同士の恋愛はどんな感じ?

(2)手を繋いだり腕を組んだり


「私は恋人も含め他人とスキンシップを取る方ではないのですが、普段から他人とのスキンシップが多いレズビアンの友人は見ていて友達と距離が近いと感じます。

軽いハグや頭を撫でるくらいのスキンシップであれば仲の良い友人同士ならこういうこともあるのかな? と思いますが、その子は誰彼構わず手をつないだり腕を組んだりさながら恋人同士のような距離感で接するので、すごいなぁと遠巻きに眺めることも多いです」(20代・女性)

(3)ティッシュで口の汚れを取る


「ついつい、『普通はここまでの距離感にならない』ってところまで近づいちゃうことがありますね。

一番びっくりされたのは、友達がお弁当でナポリタンを食べていた時に、『口の周りにめっちゃついてるよ(笑)』と言いながら、ティッシュで落としてあげたことかな。あんまり友達同士だと、顔に触れるとかしないみたい。

あと、恋愛対象として見ているわけではないけれど、特に仲良しな子が他の子とばかり話をしているとムッと嫉妬しちゃうことも。わかりやすくいじけちゃうので、よくないなって思っています」(20代・女性)

異性愛者と同性愛者で、どのように友達と距離感が変わるか知っておくと、相手にとって最適な距離感を保ちやすいかもしれませんね。

・合わせて読みたい→レズビアンカップルが喧嘩になった原因3選

(文/fumumu編集部・Amy)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ