記憶をなくしたヒーロー『バッドマン』が覚醒 仏発アクションコメディ映画、日本公開へ&ポスター解禁

 仏版『シティーハンター』のチームによるアクション・コメディ『Superwho?』(原題)が、邦題を『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』として、7月15日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開されることが決定。併せてポスタービジュアルが解禁された。

日本の人気漫画「シティーハンター」をフランスで実写化し、日本、フランスでヒットを記録した『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』(2018)のチームが再び集結した本作。監督・主演は『シティーハンター』同様、フィリップ・ラショー。脇を固めるのは、タレク・ブダリ、ジュリアン・アルッティ、そしてエロディ・フォンタンらに加え、『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』のセザール賞俳優・ジャン=ユーグ・アングラードも出演。そして超大物ハリウッド俳優までカメオ出演? ハリウッドのアメコミヒーロー作品をリスペクトし、数々の名場面に笑いを加えたラショー流エンタメに仕上げた本作は、コロナ禍のフランスで公開されると見事にNo.1ヒットを記録した。

警察署長の父親の反対を押し切り、役者として夢を追い続けているセドリック。実は心が折れかけていたその時、新作映画『バッドマン』の主役に抜擢される。そう、「バットマン」ではなく「バッドマン」だ。“バッドモービル”に乗り、宿敵“ピエロ”と戦うヒーロー映画。このチャンスを逃してはならないと、セドリックは体を鍛え上げ、武術を学び撮影に挑む。戸惑いながらも撮影初日が順調に終わろうとする中、妹から父親が倒れたという知らせが入る。焦ったセドリックは、バッドスーツのままバッドモービルに乗り病院へと急ぐが、その途中で事故に遭い気絶してしまう。そして目を覚ますと、自分の名前や過去の記憶を失っていた―。

役者のセドリックがやっとつかんだスターへの切符。だが、撮影途中に事故に遭い記憶を失ってしまう。なぜこんなスーツを着てこんな車に乗っている? そうか、オレはスーパーヒーローだったのか! 記憶を失くした売れない役者が覚醒、世界の運命は勘違いヒーローに託される?

今回解禁された、ポスタービジュアルでは、マイティ・ソー、キャプテン・アメリカ、ハルク、アイアンマンっぽいヒーローらしき姿と、バットマンとジョーカーらしき姿が切り取られている。「ハリウッドよ、これがヒーローだ?!」というコピーも並び、アベンジャーズとバットマンっぽいものが融合したビジュアルとなっている。

映画『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』は7月15日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。