【映画コラム】事実と創作の間とは…『オードリー・ヘプバーン』『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』

エンタメOVO


『オードリー・ヘプバーン』(5月6日公開)

往年の名女優オードリー・ヘプバーンの軌跡を描いたドキュメンタリー。監督はヘレナ・コーン。息子のショーンの証言を中心に、友人たちや、オードリーが出演した『ニューヨークの恋人たち』(81)を監督したピーター・ボグダノビッチ、『オールウェイズ』(89)で共演したリチャード・ドレイファスらも証言する。特に、市井の友人たちが語る彼女の素顔が新鮮に映った。

登場する主な映画は、端役時代の何本か。そしてアカデミー主演女優賞を受賞した、ウィリアム・ワイラー監督の『ローマの休日』(53)、ファッションデザイナーのジバンシーと出会った、ビリー・ワイルダー監督の『麗しのサブリナ』(54)、そのファッションをさらに発展させた、ブレーク・エドワーズ監督の『ティファニーで朝食を』(61)、フレッド・アステアとダンス共演した、スタンリー・ドーネン監督の『パリの恋人』(57)、歌を吹き替えられた、ジョージ・キューカー監督の『マイ・フェア・レディ』(64)、最初の引退作となった、テレンス・ヤング監督の『暗くなるまで待って』(67)…。

決してグラマーではないオードリーは、それまでのハリウッドの美人女優の常識を覆し、一種のファッションアイコンにもなったのだが、その点について、彼女の「役作りの助けは衣装。その役の姿が分かるとやりやすかった」という言葉は象徴的だと思った。

一方、俳優のメル・ファーラー、精神科医のアンドレア・ドッティとの結婚に破れた私生活でのオードリーについて、バレリーナとしての挫折、戦争が残した傷、父親に捨てられた過去やコンプレックス、男運のなさなどが浮き彫りにされると、改めて、人間は全ての幸福を手に入れられるわけではない、という当たり前の事実に気付かされる。

そして、孫が「世界一愛された人が愛に飢えていた」と語るオードリーが、晩年、ユニセフ親善大使として、恵まれない子どもたちへの救済に自身の存在価値を見いだし、まい進していくのは、ある意味、必然だったのかもしれない。この映画を見るとそんなふうに思えるのだ。

『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』(5月6日公開)

1990年代のニューヨーク。作家を夢見るジョアンナ(マーガレット・クアリー)は、老舗出版エージェンシーで、有名作家J・D・サリンジャー担当のマーガレット(シガニー・ウィーバー)のアシスタントとして働き始める。

ジョアンナの仕事は、世界中から大量に届くサリンジャーへの熱烈なファンレターの対応処理。それは、簡単な定型文を返信するだけの作業だったが、ジョアンナは、心に訴えかける手紙を読むうち、自分の文章で返信を出し始める。そんなある日、サリンジャー本人から一本の電話が入る。

ジョアンナ・ラコフの自叙伝を映画化。監督は『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』(14)のフィリップ・ファラルドー。

大まかにいえば、都会で「特別な存在」になりたいと願うジョアンナの自分探し、というよくある話だが、そこにウィーバーが好演する上司とサリンジャーを絡ませることで重層的なストーリー展開が生まれた。

サリンジャーの小説を全く読んだことがないジョアンナが、彼と関わることで変化していく様子が面白いし、彼の存在を通して出版やエージェントの裏側を知ることもできる。つまり、この映画の裏の主役はサリンジャーなのだ。だからタイトルも「My Salinger Year」となる。

サリンジャーは、突然作家活動を辞めて隠居したことで伝説となったユニークな存在。それ故、創造が入る余地が生まれ、一種のアイコンとして映画や小説にも登場する。

例えば、サリンジャーに会いに行く高校生を描いた『ライ麦畑で出会ったら』(15)があるし、『フィールド・オブ・ドリームス』(89)の原作であるW・P・キンセラの『シューレス・ジョー』では、主人公が会いに行く作家は映画とは違いサリンジャーなのだ。

また、『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』(17)という、彼自身の半生を描いた映画もある。

この映画は、それらとは異なり、隠居して人との交わりを絶ったとされるサリンジャーが、実はエージェントと密に連絡を取り、出版について交渉する様子が描かれているので、とても興味深く映った。

(田中雄二)

当記事はエンタメOVOの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ