金ロー『ローマの休日』“鬼滅声優”起用が大ブーイング!「字幕で見る」

まいじつ

オードリー・ヘプバーン 
オードリー・ヘプバーン (C)SariMe / Shutterstock

伝説的名優のオードリー・ヘプバーン主演の映画『ローマの休日』のデジタルリマスター版が5月13日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で放送されると発表された。しかし、吹き替え声優が変更になったことに、ネット上では不満の声が上がっている。

同作はローマの街を舞台に、とある国の美しい王女・アン(オードリー・ヘプバーン)とアメリカ人新聞記者のジョー・ブラッドレー(グレゴリー・ペック)の恋模様を描いた不朽のラブストーリー。

多忙な日々に疲れ果てたアンと彼女のスキャンダルを狙うために近付いたジョーが、ローマの街でめぐり逢い、そして恋に落ちていく。決して報われない恋ではあるが、その垣根を越えた壮大なラブロマンスが描かれた歴史的名作だ。

今回の放送は、18年ぶりの地上波放送。注目すべきは、日本語吹き替え版のキャスティングが、オリジナル版から変更されている点だろう。

アン役は、メガヒット作品『鬼滅の刃』の胡蝶しのぶ役として有名な大人気声優・早見沙織が務めることに。またジョー役には声優の同じく「鬼滅」声優の浪川大輔など、キャストを一新しての放送となる。


喜んでいるのはオタクのみ? キャスト変更にブーイング…


新たな「ローマの休日」が楽しめるということで、声優オタクからは歓喜の声が続出していた。しかし早見を始めとしたアニメ声優の起用は、オタク以外の一般視聴者からは受け入れられなかった模様。作品の雰囲気も変わることから、ネット上では、

《声優変えるべきじゃなかった》
《元の吹き替えのままリマスターで流せばいいのに…オードリーは池田昌子さんがいい》
《胡蝶しのぶの声にしか聞こえないから絶対に嫌》
《なにこのアニオタ向けキャスティング。字幕で見るわ》
《絶対に見ます! 字幕で!》
《人気の声優を使えば良いってもんじゃない》
《池田さんの品のある感じ良かったけど若い声優さんでできるかな…グレゴリーペックもイケボの浪川さんは違うな…》

などといった酷評が殺到している。

「早見は声優の仕事を知ったきっかけが『ローマの休日』だったようで、同作の吹き替えはまさに夢の仕事。今回の声優抜擢に、『心拍数が上がり、手に汗握って、全身の温度が上がるかのような何とも言えないドキドキと緊張感につつまれました』と喜びを露わにしていました。思い入れのある作品ということなので、かなり熱の入った演技を見られるのではないでしょうか」(芸能ライター)

吹き替え版に文句があるのであれば、単純に字幕版を見ればいいだけの話。それぞれが自身に合った楽しみ方で、名作『ローマの休日』を堪能しよう。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ