千原ジュニア、視聴者からのトリビア「セコム社長の豪邸には…。」【千原ジュニアYouTube】

めるも編集部

3月6日配信『千原ジュニアYouTube』は、第1回「全員先生!生徒千原ジュニア!」が好評だったということで、第2弾を企画するというジュニア。1回目のハイライトをおさらい!

「トリビアをどんどん募集してます!」

第1回「全員先生!教えて!生徒千原ジュニア!」が大好評だったということで、オープニングから御満悦のジュニア。御機嫌ついでに今日もとっておきの名作映画トリビアを披露!

スピルバーグの不朽の名作『ET』。エイリアンのETと少年が人差し指を触れ合わせるクライマックスがあまりにも印象的だが、実はそんなシーンは映画本編には一切なく、宣伝用ポスターの写真を見て勝手にそれがクライマックスだと思い込んでいるだけだと説明。

さらに、前回の企画のハイライトを振り返るジュニア。

「(目をつぶる)と(目をつむる)の違いは、(目をつぶる=相手のミスや悪事を見逃す)、(目をつむる=物理的にまぶたを閉じる)です」

「すべての橋には入口と出口が決まっていて、入口には漢字で(○○橋)、出口にはひらがなで(○○はし)と書かれている」

視聴者から寄せられる雑学の数々にひとつひとつ本気で関心するジュニア。中には、「株式会社セコム社長の豪邸の外壁上部には、侵入者を追い返すためのトゲが敷き詰められている」など、ちょっと吹き出してしまうようなトリビア情報も…。