太川陽介のバス旅に浮上した「ヤラセ」疑惑…芸人出演者を注視せよ

アサ芸プラス


 ガチンコ対決を謳いながらしばしば「ヤラセ疑惑」が持ち上がる、太川陽介の「バス旅」。5月4日の「水バラ」(テレビ東京系)で放送される「ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 鬼ごっこ6」はどうなるのか、放送前から注目されている。

太川は現在、「路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」「乗り継ぎ対決旅 陣取り合戦」「乗り継ぎ対決旅 鬼ごっこ」「BINGO対決旅」の4つのバス旅を持っている。以前の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」とは違い、どれも対決形式なのが特徴だ。

このバス旅における「ヤラセ疑惑」について、まず確認しておきたい。証言するのは、テレビ誌ライターだ。

「どの旅も毎回、僅差で決着がつきます。ルート設定がいいのかもしれませんが、少し不自然に感じられます。そこで差がつきすぎないように、有利なチームに足を引っ張る人物を入れ、アクシデントを起こさせて僅差にする。そんな『ヤラセ』が行われているのではないかというんです」

その役を担うのは芸人で、疑惑のシーンは過去に何度もあったという。テレビ誌ライターが続ける。

「フルーツポンチの村上健志がホテルの鍵を返し忘れ、太川チームは鍵の返却のためにホテルに逆戻りしなければいけないことがありました。スギちゃんは駅に戻る途中でメンバーとはぐれ、列車に乗り遅れる原因になっています。プラス・マイナス岩橋良昌はゴール目前で急にトイレに行きたいと言い出し、チームの足を止めました」

いや、これだけではない。テレビ誌ライターの「告発」は止まらず、

「パンクブーブーの黒瀬純は足を痛めたと言い出し、先に進むのを妨げた。歩けないほど痛がっていたのに、すぐ後には普通に歩いていたので『嘘ではないか』と指摘されました。芸人ではありませんが、A.B.C-Z河合郁人が足を痛めて続行が不可能とされながら、1時間ほど休憩しただけで復帰。これにも疑惑が浮上しています」

直近では4月6日放送の「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅11」でも、疑惑が持ち上がった。芸人の牧野ステテコがギャグを披露した際、手にしたビニール袋を放り投げ、中の卵を割ったアクシデントがそれである。再度、卵を購入するために、チームは回り道を強いられたのだが、

「牧野のやり口は露骨すぎると、すぐに指摘されました。袋を投げた動きがいかにも不自然でしたし、チームリーダーの村井美樹のギャグを止めなかったのもおかしい。次回放送ではどうなるのか、気になるのは当然でしょう」(前出・テレビ誌ライター)

「鬼ごっこ6」のメンバーは太川と松本利夫のほかに島崎遥香、ユーチューバーのゆん、金子貴俊、そしてお笑いコンビ「ラランド」のニシダ。疑惑の目を向けたくなるのは、もちろんニシダだ。

「鬼ごっこは太川と松本が競うのですが、バス旅に慣れている太川の方が有利です。松本も力をつけていますが、差はまだある。僅差にするためには、太川チームに足を引っ張る人物を入れる必要がある。ニシダが参加するのはもちろん、太川チーム。これでニシダがアクシデントを起こせば、疑惑はますます深まるでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

ニシダの言動を注視すれば、より「ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 鬼ごっこ6」を楽しめるはずだ。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。